出会い系で出会うには、年齢確認の手続きを済ませないといけません。出会い系は18歳未満の未成年が援助交際被害などに遭わないために、登録者が18歳以上であることを確認することが法律で義務付けられています。

出会い系は単に登録しただけでは使えません。年齢確認をしないと出会えない仕組みになっています。年齢確認の手続きをしなくてもメールを送るなど一部の機能は利用できますが、アドレス交換や出会うことは一切できません。出会うためには年齢認証をすることが必ず必要となります。

出会い系における年齢認証は、別名「児童でないことの確認」とも言われます。ここでいう児童とは18歳未満の未成年者のことを指します。これは出会い系規制法で明確に規定されているもので、出会い系に登録した人は全員必ず、年齢を公的書類等によって確認することが求められます。

この点が登録してはみたものの、利用を諦めるという人にとっての最大のネックとなる部分です。年齢確認用の公的書類としては、免許証や保険証、パスポートや住民票など、どれも重要な書類ばかりです。これらの書類を出会い系へと送信するのは心理的に大きな抵抗があるのは、ある意味当然です。年齢が確認できる箇所以外の部分を隠して送信して問題ありませんが、それでも送信する手間を考えれば利用の継続に二の足を踏む人も少なくないと想像できます。

僕にとってラッキーだったのは、年齢確認の手続きに、こうした面倒な“公的書類の送信”以外にクレジットカード決済による手続きが可能だったことです。クレジット決済であれば、その場ですぐに年齢認証を終えることができるので手間もなく、また年齢確認によってタイムラグが生じることもありません。クレジットカード決済の安全性には一抹の不安もあるものの、手続きの利便性を考えればカード決済しか方法がないので、迷わずこちらを選択しました。特に問題となることもなく、すんなりと年齢認証を終えることができ、いよいよ出会い探しを本格的にスタートさせることができる体制が整いました。


ここで、年齢確認の手続きについてもう少し補足をしておきます。

僕の場合は他の方法では手続きに時間がかかることや手続きそのものが面倒であることから、クレジット決済を迷わず選択したわけですが、クレジット決済にもデメリットや懸念事項がないわけではないということを補足しておきたいと思います。

出会い系でクレジット決済を利用する際のデメリットは、サイトによって決済額が異なり、最低決済額が3,000円以上と比較的高額な場合もある、ということです。たとえば、Jメールで年齢確認にクレジット決済を利用するとなると、必ず3,000円以上のポイントを購入しなければいけません。これは、サイトの様相すら把握できていない段階では、決断するのは簡単ではありません。それに対して、イククルなどの出会い系においては100円決済を利用することができるので負担もほとんどなく気軽に利用することができます。

このように、便利なだけではないのがクレジット決済なので、自分にとって最適な方法は何か、それぞれのメリットとデメリットについて比較し、検討するようにしてください。


次回はいよいよ、出会い探しが本格的にスタートします。