出会い系での年齢認証は、クレジットカード決済の他、免許証や保険証などの公的な書類、診察券や卒業証書など「生年月日(年齢)」「書面の名称」「書面の発行者名」が分かる書類を送信するだけで簡単にできます。

出会い系を使うには年齢確認が必要

出会い系は法律によって利用できる年齢が18歳以上に制限されています。サイト運営者には、登録者が18歳以上であることを確認する義務が課されています。いわゆる「年齢認証(確認)」です。

年齢確認が必要となった背景

出会い系には18歳未満の未成年者による援助交際相手の募集の場として悪用されてきたという負の側面があります。利用者を18歳以上の未成年者または成人に限定する取り組みは、各サイトにおいて行われてきましたが、サイトにアクセスした際に18歳以上か未満かをユーザーに選択させるというごく形式的な確認方法であったことから児童による利用が収まることはありませんでした。事態を重く見た行政当局は年齢確認を厳格に行うことを義務付ける方針を決定したのです。

このことから現在では、(改正)出会い系規制法により登録者の年齢を公的な書類によって厳格に確認することが義務付けられています。登録者は、登録手続きを完了した時点ではサービスの一部しか利用することができず、異性と会う上で必要となる連絡先の交換などのメール交換において機能を制限されることになります。

出会い系での年齢確認は、18歳未満の児童の利用を禁止するというその目的から「児童でないことの確認」とも言われます。

年齢確認の方法と必要な情報・書類

出会い系での年齢確認の方法は、クレジットカード決済や免許証、保険証などの身分証の提示(生年月日部分が分かる状態でFAX送信、または写メ送信、郵送)することで18歳以上であることを確認します。18歳以上であることが確認できるとすべてのサービス・機能を利用することができ、異性と出会うことができるようになります。

クレジットカード決済以外の方法で年齢確認の手続きを行う場合は、以下の情報と書類が必要です。

必要な情報
生年月日、又は年齢 書面の名称 書面の発行者名
利用できる証明書の種類
運転免許証、健康保険被保険者証、国民健康被保険者証、年金手帳、パスポート、外国人登録証明書、住民基本台帳カード、共済組合員証、社員証、学生証、診察券、住民証、区民証、身体障害者手帳、保険証券(証書)、戸籍謄本、印鑑証明書、健康診断証明書、在学証明書、卒業証明書、戸籍抄本、卒業証書

これらの書類によって年齢確認をする場合は、先に紹介した通り、FAXもしくは写メ送信、郵送のいずれかの方法で出会い系のサポートセンターに送信する必要があります。その際、利用者が嫌うのは本名や住所、本籍地などの詳細な個人情報が登録した出会い系に知られてしまうことです。

ですが、本名や住所、本籍地などの個人情報は年齢確認の際には一切開示する必要がありません。必要となるのは上で挙げた「生年月日(年齢)」「書面の名称」「書面の発行者名」の三項目だけです。したがって、書類のコピーを取って必要事項以外は塗りつぶして送信しても構いません。

また、ハッピーメールなどの出会い系では、利用者の負担や手間を軽減するために、上記三点以外の項目が隠れる専用のフォトフレームを提供しているので写メ送信による年齢確認の手続きもかなり簡単にできるようになっています。

年齢確認が不要とするサイトの安全性

出会い系を利用しようとする人には、年齢確認の手続きを嫌って年齢確認不要のサイトを探し求める人がいますが、仮にそのようなサイトがあったとしたら法律に明確に違反しているサイトということになるので決して利用すべきではありません。

法律に違反した状態で運営されている出会い系は、一ユーザーの立場として見た場合、信頼性に著しく欠けますし、法律違反をするような運営者であれば、利用者を騙すようなサクラ行為なども躊躇いなく行う可能性があり危険です。

事実、年齢確認の手続きが法律によって定められている通りのやり方で行われていないサイトの多くが、出会い系の悪質なサクラ詐欺サイトであるというのが実態です。