出会い系で写メを公開することや写メを交換することには、写メが無断盗用されてサクラ出会い系などで悪用される危険性があります。画像が悪用されるリスクを避けて安全に写メ交換をするには、メールやLINE、カカオなどで個別に送信するのが最も望ましい方法です。

投稿した写真は無断盗用されるリスクがある

出会い系での出会える確率を高めるために、自分の写メをプロフィールや掲示板などに投稿する人もいますが、出会い系で写メ画像を公開することには、写メ画像が悪意ある業者や不正利用者に無断で悪用される危険性があるので注意しましょう。

プロフィールや掲示板の投稿は、サイトに登録している人であれば誰もが自由に閲覧することができるので、自分の写メが数百万人を超える人たちに対して大々的に公開されてしまうことになります。写メを見る人がすべて、悪意のない一般の利用者であれば特に問題も心配する必要もありませんが、残念ながら出会い系にはサイトを悪用することを目的に登録している業者や不正利用者が少なくありません。一部には、登録者が投稿・掲載している写メ画像を収集することを目的としている業者も存在します。

つまり、登録者であれば誰もが閲覧可能な状態にある、投稿された写メはそれらの業者などによって知らない間に収集される危険性があるのです。

無断盗用された写メの用途

写メを収集する業者らに無断で盗用された画像は、サクラ出会い系においてサクラのプロフィール写真として用いられる可能性が最も高いです。サクラ用の写メとして使われるといっても使われ方はさまざまです。サイト内のサクラのプロフィール写メとして使われる以外にも、未承諾広告メール内にも掲載される可能性がありますし、外部の掲示板やサイト、SNSなどにおいてユーザーを誘導するための写真として使われる場合もあります。

いずれにしても問題は、一度でも写メが流出してしまうと悪用を止めさせることが完全にはできない可能性が非常に高いことです。自分の写メがどこでいつ悪用されているかについて全容を把握すること自体が事実上不可能ですし、たとえ全容が解明できたとしても二次使用、三次使用の恐れもあるのでネット上から完全に消去することはほとんどできません。半永久的に写メの悪用を防ぐことができないことからも、写メを投稿する危険性が決して小さくはなく無視できないものであると言えます。

悪用されないための対策

写メが悪用される危険性を避けて安全に写メ交換するには、以下のことに注意するとともに、安易に投稿しないことが大切です。

  1. 個人が特定できないように撮影方法を工夫する
  2. 投稿は控えて個別に交換するのが最も望ましい
  3. 最初のメールで要求してくる女性は避ける

個人が特定できないように撮影方法を工夫する

利用者の中には写真を見る人にできるだけ自分のイメージが伝わりやすいようにとの配慮から、顔全体がハッキリと写っている写メをプロフィール等に投稿する人がいますが、これは悪用される危険性が最も高いので絶対に避けるべきです。昨今のサクラ出会い系においては、女性利用者を騙すために男性の設定で活動するサクラもおり、そのためのプロフィール写真として悪用される恐れがあるので、女性だけでなく男性も注意するようにしましょう。

もし、それでも写メを掲載・投稿するという場合は、必ず顔全体が明確に写っているものでなく、顔の一部しか写っていない写真など、少なくとも個人が特定できない写真を撮影するようにしましょう。

投稿は控えて個別に交換するのが最も望ましい

顔の一部だけしか写っていない写メでも悪用される危険性が減るわけではないので、できるだけプロフィールや掲示板への投稿は避けた方が安全です。

出会い系での会える確率は、写メを掲載したからといって劇的に高まるわけではありません。男性でも女性でも、出会える場合は写メを掲載していなくても問題なく会えることがほとんどです。写メをプロフィールに掲載せずとも、メールのやり取りをする中で個別にメールで送信することで交換できるので、どうしてもプロフィールに載せる必要性は高くありません。

むしろ、懸念される被害や危険性を考えれば、写メの投稿は控えて個別に交換する方が安全性確保の観点からは遙かに望ましいです。

最初のメールで写メを要求してくる女性は避ける

ただし、写メを個別にメールで送信し交換することにも危険性はあります。メールでの写メ交換を通じて被害に遭う典型的なケースが、最初のメールで写メを送るよう要求してくる女性に対して、安易に写メを送ってしまうケースです。

写メ画像の収集を目的とする業者は、プロフィールに掲載されている写メ以外にも一般のユーザーを装って写メ交換することもあります。その際には、できるだけ多くの利用者の写メを最低限の回数のメールで効率よく集めようとするのが特徴です。そのため、最初のメールでいきなり写メを送るように要求してくることが多いです。

一般の利用者は、最初から写メ交換を迫るようなことはしません。普通は、あいさつ程度の内容の会話からメールのやり取りを始めるのが一般的です。ですから、最初のメールで写メ交換を要求してきた人のことを、即会いできる人とは考えずに、写メを送るようにとの要求には応じないのが賢明な選択です。

万が一、その相手が一般の利用者であったとしたら、写メを送信せずともメールの交換を続けられる可能性はありますし、反対に、写メ収集業者の場合はメールを送っても返信がないか、あってもひたすら写メを要求してくるなど、およそ普通の人とは思えない、会話にならないメールしか返ってこない可能性が高いので見極めることができます。