出会い系の「業者」の正体とは?サクラ詐欺によって不正にポイント代金を騙し取る悪質な出会い系の運営業者の実態や、ワクワクメールやハッピーメール、PCMAX などの出会える系の出会い系サイトに多いとされる「悪徳業者」の特徴と手口、見分け方などについて詳しく解説しています。

質問

今、ハッピーメールという出会い系を使っているんですが、女性のプロフィールコメントや女性が送ってくるメールに「業者じゃないです」と書いている人を見かけます。また、ネットで出会い系の口コミ情報を見ると「業者」という言葉を目にすることが多いですが、出会い系初心者の自分にはイマイチ「業者」がどんな存在なのかが分かりません。出会い系での「業者」とはどんな人、組織を指すのか教えてください。

回答・解説

そもそも出会い系の「業者」とは?

出会い系における業者の意味は、

出会い系の運営業者という意味での「業者」
例)サクラ詐欺の悪徳出会い系の運営業者
出会い系に不正登録している悪徳業者という意味での「業者」
例)援デリ業者メールアドレス収集業者LINE誘導業者)、写メ収集業者など

大きく分けるとこの2つに分けることができます。前者は出会い系サイトを運営する会社という意味での業者で、後者は運営会社でも利用者でもない第三者的な立場であり意味がまったく異なりますが、共通しているのは、出会い系では「業者」という言葉は、どちらかというと「(悪質・悪徳)業者」というように、悪い意味で使われることが多いです。

「業者」とサクラ・キャッシュバッカーの違いは?

サクラは、出会い系の運営業者に雇われて架空のキャラクターを演じ登録会員とメールのやり取りをしてポイント代を使わせるのが役目です。キャッシュバッカーも、サクラと運営業者のような雇用関係こそありませんが、サクラと同じように登録会員に会えると思わせてメールのやり取りを行い、ポイント代金を使わせるという役目では共通しています。どちらも、出会い系の「運営業者」に対して直接、経済的な利益をもたらすための存在です。

それに対して、運営会社でも登録ユーザーでもない第三者の「業者」は、出会い系の運営会社と雇用関係も結んでいませんし、直接的な経済的な利益をもたらす存在でもありません。反対に、出会い系の運営業者にとっては、サイトを悪用されるという意味でとても邪魔な存在ということが言えるでしょう。外部の悪徳業者はサイトの運営業者、ユーザーのどちらにとっても迷惑な存在なのです。

ただし、ユーザー側から見ると、外部の悪徳業者が登録している架空の女性会員は、出会うことができずポイント代金が無駄になるという意味で事実上サクラと何ら変わらない存在であるため、現実的には大きな違いがないように思えるものです。

「業者」はどんな出会い系に多い?

サクラ詐欺の悪徳出会い系業者は、出会い系サイトにもいますが、警察によるサクラ詐欺に対する取締が厳しくなっていることもあり減りつつあります。現在では、サクラ詐欺を行う運営業者は、出会い系サイトよりも出会いアプリに多くいます。

援デリ業者やアドレス収集業者、LINE誘導の業者などは、出会い系の出会える仕組みを悪用して登録者を騙すのが特徴なので、出会える系の出会い系サイトに多いです。無料出会い系やそもそも一般の登録ユーザー同士がやり取りできないようになっているサクラ出会い系にはいません。

皮肉なことに、優良な出会い系であればあるほど悪徳業者に悪用されやすく、出会えない仕組みの悪質な出会い系サイトには業者がまったくいないという構造になっているのです。

では、出会える系の出会い系のどのサイトに業者が多いのか?出会える系の出会い系で業者が少ないのは、ワクワクメールです。ワクワクメールは、出会い系の中でも圧倒的に悪徳業者が少ないです。それ以外の出会い系に関しては、質問者の方が利用しているハッピーメールPCMAXなどどの出会い系にも業者は比較的多いのであまり違いはありません。

ただし、業者が少ないからといってワクワクメールがダントツで出会いやすく、ハッピーメールやPCMAXなどでは出会いづらいということにはならないので注意してください。ワクワクメールについては、業者が少ないことが男性同士の競争を苛烈なものにしているという負の側面もありますし、反対に他の出会い系については、業者が多いことが競争率が低くなることにつながるというメリットを生み出している側面があるためです。

利用する出会い系を選ぶときは、それらのメリットとデメリットを比較・検討して選ぶようにしましょう。

「業者」を見分ける方法は?

出会い系の業者対策はとても簡単です。サクラ詐欺の出会い系運営業者に騙されないためには、優良出会い系以外のサイトには決して登録しないことです。これを守るだけで被害に遭う危険性を完全にゼロにすることができます。

援デリ業者やアドレス収集業者、LINE誘導の業者に騙されないようにするのは、少しの注意が必要ですが、それでも初心者でもすぐに見分けがつくようになるので安心してください。

援デリ業者は、必ず会うときに五反田などのラブホテル街がある地域・駅を待ち合わせ場所として指定し、「ホテル代と別に2万円お願いします」などと金銭を要求してきます。

それ以外にも、以下の参考記事にあるような手口や特徴があるので援デリ業者と疑われる女性と遭遇した場合は、見極めの参考にしてみてください。

メールアドレス収集業者やLINE誘導の業者に関しては、見分けるのはずっと簡単です。というより、正確には見極める必要すらありません。メールアドレス収集業者やLINE誘導の業者は、メールにアドレスやLINEを書き込んで大量の男性ユーザーに対してメールを送るというのが常套手段です。出会える系の出会い系では、現在ではどのサイトでもそうした行為をシステム的に自動で検知して利用できないようにする措置を取れる体制を整えているので、利用者の側が何かしなくても気づいたら退会させられている状態になっていることがほとんどだからです。

残念ながら、出会い系に悪質な業者が多いことはたしかですが、これらのことを知識として知っておきさえすれば被害に遭う危険性はなくなりますし、安全に出会えるようになるので深刻に懸念する必要はまったくありません。