ハッピーメールやYYC(ワイワイシー)などの出会える系の出会い系でアドレスやLINEのIDを送って直メやラインを送信させてアドレスを回収する業者の特徴や手口、騙されないための対策法について解説しています。

メールアドレス収集業者の目的

メールアドレス収集業者の目的は、出会い系利用者という“出会い系に興味や関心のある人”のメールアドレスを集め、それを外部の広告メール配信業者に売却することです。配信される広告メールは、一般的に未承諾広告メールやスパムメール、迷惑メールと呼ばれる、悪質なサクラ出会い系の広告メールが多いです。出会い系以外の、違法商品や脱法サービスの広告メールの送信先として悪用されることもあります。

また、外部の広告メール配信業者だけでなく、広告メールの配信を内製化している業者が自らアドレスの収集を目的に出会い系に登録し悪用するというケースもあります。

広告メールの送信者はできるだけ高い広告効果を上げようとするものです。興味や関心がばらばらな人たちに対してメールを送信するよりも、ある特定の興味や関心を抱いている人に対してメールを送った方が高い効果を得られます。そのため、わざわざ出会い系に登録して一人一人にメールを送ってアドレスを集めるという、手の込んだ手口を用いるのです。

典型的な手口と特徴

メールアドレス収集業者が用いる典型的な手口は、性別を問わずメールを一斉に大量の人に送りつけるということ、そして、その際メール内にメアドやLINEのIDを書いておくというものです。業者側が送ってくるメアドやLINEのIDは利用者のアドレスを収集するための専用のもので、フリーメールアドレスや携帯のアドレスが使われる場合もあります。

また、時には一般の女性利用者のように振る舞い、メールのやり取り数回してメアド交換の話題になった時に、男性にアドレスを教えさせるという巧妙なやり方でアドレスを収集するケースもあります。

いずれにしても、特に男性利用者は女性とメアドの交換ができるとなれば、非常に高い確率で返信メールを送ってしまいがちなので騙される確率が高いタイプの被害と言えます。

騙された場合に生じ得る被害

騙された場合に生じうる被害は、迷惑メールの大量受信です。一度でも被害に遭ってしまうと、同一業者が何度も使いまわすだけでなく、同業者間でアドレスの売買が行われる可能性もあり、半永久的に迷惑メールが送られ続けることになります。この場合、対策としてはメールアドレスの変更、受信メールの制限などの次善の策しか採ることができません。一度収集されたメールアドレスが、迷惑メールの送信先として悪用されないようにする決定的な方法は、残念ながらないというのが実態です。

騙されないための対策方法

メールアドレス収集業者に騙されないためには、あまりにも簡単にメールアドレスを教えてくれる女性には、安易に返信メールを送らないことが大切です。出会い系に登録している普通の女性利用者は、会える人でも最初のメールからアドレスを男性に送るようなことはまずしません。少なくとも2・3回のメールのやり取りをしてから教えるのが一般的です。

出会い系で会うのは思うほど簡単ではありません。悪質な利用者の存在によって、会えないことが続く場合も多いです。そんな時に、ふとメールアドレスを教えてくれる女性や聞いてくる女性がいると、つい釣られてメールを送信してしまいそうになるものですが、そういう時こそ相手がアドレス収集目的の業者でないかを疑い、サイト内メールでやり取りを重ねるなど慎重に様子を見ることが大切です。

LINEのIDや直アドを最初のメールで送る業者は、ハッピーメールやYYC(ワイワイシー)に特に多いですが、最近では厳しい取り締まりによって即座に利用停止や強制退会となることが増えているので、すぐに直メを送らずに様子を見て、強制退会にならないかをチェックすると騙される危険性が大幅に減ります。