写メを見て気になってメールを送った女性から返事があると嬉しいものですが、喜べない場合もあります。写メを載せている女性がすべて出会える普通の女性登録者とは限りません。キャッシュバッカーなどの悪質な利用者である場合もあるので注意が必要です。

出会い系に登録後はじめてプロフ検索をしてメールを送った際に、メールをした女性の内2人は写メをプロフィールに載せていました。1人は顔が写っていない写メ、そしてもう1人は顔写メを載せていたのですが、返事がすんなりと来たのは顔写メを掲載している人でした。

写メを見る限りでは、大抵の男性であれば好感を抱くような外見だったこともあって、簡単に返事をもらえるとは思っていなかっただけに少々驚きではありましたが、嬉しい驚きでした。しかも、メールの感触は悪くない感じ。この時点で僕は、出会い系って意外と簡単に会えちゃうものなんじゃないか!?と完全に油断してしまっていたわけです。

――― 外見を見て気に入った女性にメールを送って、簡単に返事がもらえた、会うのもどうやら難しくなさそうだ。他にもそういう女性はいっぱいいたから、このまま使い続ければいくらでも出会いが見つかるに違いない。―――

この時点で僕のテンションは最高潮に達しようとしていたのは言うまでもありません。出会い系って評判よりも簡単に会えるものなんだとすっかり勘違いしてしまっていたのです。残念ながら、僕の淡い期待や皮算用は早々に裏切られることになりましたが、返事をもらった時点ではそんなことになるとは露とも考えていませんでした。

結論から言えば、この時僕が返事をもらった女性というのは写メを使って男性を信用させて騙すタイプのキャッシュバッカーだったのです。しかし、当の僕はキャッシュバッカーという存在を知らず、またサクラも絶対にいないものと考えていたので、完全に出会える女性と信用し切っていたのです。

裏を返せば、返信メールを送ってきた女性が顔写メを載せているということもあって、本当に普通の女性にしか見えなかったということでもあります。僕は完全にこの点において判断を誤ってしまい、返信メールに対して意気揚々とメールを送り返すことになるのでした。


次回は、この女性と「アドレス交換をせずに待ち合わせ」をした体験についてまとめます。