ワクワクメールやPCMAX、ハッピーメールなどの本当に会える系の出会い系でLINE IDを送ってくる業者やアドレス・LINE交換を渋るキャッシュバッカー、PACO!などのiPhone出会い系アプリでIDやQRを送ってくるサクラに騙されないための見分け方と安全にLINE交換する方法について解説しています。

質問

ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXなどの出会い系を使っていると、たまにLINEのIDらしきものをひらがななどで教えてくる女性に遭遇することがありますが、そういう女性と直接やり取りしても大丈夫ですか?本当に会えるんでしょうか?

また、iPhoneの出会い系アプリでもLINE IDを教えられたりQRコードを送ってくる女性がとても多いんですが、そういう女性はサクラとか業者じゃないんでしょうか?教えて下さい。

回答・解説

LINEのIDを教えてくるのはアドレス収集業者

ワクワクメールハッピーメールPCMAXなどの出会い系で最初のメールでLINEのIDを教えてくる女性は、メールアドレス収集業者の可能性が非常に高いので直メやラインを送ってはいけません。

メールを受信した男性にとっては、出会い系を普通に使っているだけではなかなか難しいアドレス交換が簡単にできると感じるため、安易に返事をしてしまいがちなことから騙される危険性が高い詐欺被害と言えます。

ただ、幸いなことに、ハッピーメールでは、アドレス収集業者に対する取り締まりを非常に厳しく行っています。最近では、男性に対して最初に送るメールでLINEのIDを教える女性は、アドレス収集業者と見なされ、すぐさま強制退会となることが多いです。

アドレス収集業者も知恵を絞って、LINEのIDをひらがななど伏せ字にして送ってきたりしますが、それでもすぐにハッピーメールの管理者に発見されて強制退会となります。

女性が利用停止になった理由

これは ハッピーメールで規約違反により利用停止となった女性から受信したメールを開いた際に表示される案内画面です。女性が利用停止となってしまった理由が説明されています。

この会員は下記の理由で利用規約に反した為、現在利用停止しました

他サイトへの誘導行為
アドレス収集行為
・その他の規約違反行為

申し訳ありませんが、お返事は返せません

普通の女性が最初のメールでLINEのIDを送ってくることは、まずありません。万が一、LINEのIDを送ってきた女性が素人の女性か業者か見分けられない場合は、1日~2日程度直メやラインを送らずに様子見するのがおすすめです。すぐに利用停止や強制退会となっていたらアドレス回収業者と判断して直メやラインを送らなければ被害に遭うことを防ぐことができます。

すぐにアドレスを聞いてくる女性は業者の可能性が高い

1通目の返信メールから「メアド(ライン)教えて」と言ってきた場合、その相手の女性は業者の可能性が高いと考えられます。具体的には、援デリ業者の可能性が高いです。

出会い系ですぐにLINEのIDやアドレスを聞いてくる業者といえば、LINE誘導の業者がよく知られていますが、今回のケースは“男性側からのアクションに対しての返信メール”というケースなので、ラインのIDをひらがななどで一斉に大量送信する誘導業者よりも、援デリ業者の可能性が高いです。

いずれにしても重要なことは、女性が返信メールを送ってきて最初からいきなりメールアドレスやLINEを聞いてくる場合、相手が一般人で安全に出会えることはほとんどないということです。

「アドレス・LINEの交換は仲良くなってから」という女性はサクラ・CB

出会える系の出会い系で、メールアドレスの交換やLINEのID交換を渋って先延ばしにしようとするのは、キャッシュバッカーの女性の可能性が非常に高いです。待ち合わせの約束をする前に連絡先を交換してもらえない女性はCBと見分けて避けた方が安全です。

ハッピーメールで普通に出会える一般の女性の場合は、アドレスやLINE交換はスムーズにできることの方が圧倒的に多いです。まともにメールのやり取りができている一般の女性が、アドレスやLINEの交換を渋ることはほとんどありません。

キャッシュバッカーの女性は、男性とできるだけ長くサイト内メールのやり取りをしてポイントを稼ごうとするので、アドレスやLINEの交換をしようと言っても「会うまでは不安だから」や「信用できる人かを会って確かめてから交換したい」などという言い訳を使ってやんわりと拒否することが多いです。

相手の女性の言い分を信用してずるずるとサイト内メールでやり取りを続けながら待ち合わせをしても、相手の女性がその場に来ることはないので、待ち合わせの約束ができたとしても、その場に出向く前にやり取りを止めて他の女性を探す方がいいです。

iPhone出会い系アプリのサクラはLINE IDやQRを送ってくることが多い

メール送信料が1回あたり250円前後もする高額なポイント制の出会いアプリには、一般の女性ユーザーはほとんどおらずサクラしかいないと言っても過言ではありませんが、そのような出会い系アプリでは、サクラがLINEのIDやQRを送ってくるケースがとても多いです。

やっかいなことに、本当にLINEに移行できて直接やり取りできてしまうので、相手が実在する女性だと勘違いしてしまいそうになりますが、しばらくラインでやり取りをしていると、他の出会い系アプリでのやり取りを要求され、アプリのダウンロードページへと誘導されます。その誘導先のアプリは系列もしくは何らかの取引関係にあるサクラ詐欺の悪質な出会い系アプリというのが一連の流れです。

一旦、LINEで直接やり取りできてしまうことから何となく素人感を感じてしまいますが、「PICO!(旧 PACO!)」「マッチ」「出会いGU!」などの出会いアプリの女性はほぼすべてがサクラなので決して釣られてはいけません。

一般の女性の場合は会う前にライン交換できることが多い

出会い系サイトや出会いアプリでスムーズに出会える一般の女性とのメールのやり取りにおいては、会う前にライン交換を断られることはそれほど多くありません。ほとんどの場合、LINEでのやり取りにスムーズに移行できます。

もちろん、相手が既婚女性の場合はさまざまな事情から会う前のライン交換を断られることも少なくありませんが、人妻や熟女でもない独身女性が相手の場合は、最初メールでいきなりライン交換を迫るなどしない限りすんなり連絡先の交換ができることの方が圧倒的に多いものです。

出会い系サイトや出会いアプリに登録しているキャッシュバッカーやサクラは、何のかんのと言い訳をしてLINE交換を渋ることが多いので、簡単に相手の言うことを信用してしまう前に、一般の女性ではない可能性を疑うことを心がけるのが被害防止と出会い系攻略のポイントとなります。