PCMAXやハッピーメール、YYC(ワイワイシー)などの出会い系で「ホ別(穂別)2万」を要求してくる援デリ業者の手口と見分け方とは?素人による援交や割り切りを装って会おうと誘ってくる業者がよく使う誘い文句や特徴を具体例を挙げて分かりやすく解説しています!

質問

いまハッピーメールやPCMAX、YYC(ワイワイシー)などの出会い系に登録していますが、どのサイトでも必ず「ホテル代と別に2万ください」とお金を要求してくる女がいます。そういう人は「業者」と呼ばれる存在みたいですが、業者はどんな誘い文句でメールを送ってくることが多いですか?業者がよく使う手口や特徴、見分けるコツがあれば教えてもらいたいです。

回答・解説

長文の返信メールをすぐに送ってくる

ハッピーメールやPCMAXなどの出会える系の出会い系において、すぐに返事を送ってくる女性は、即アポを取るために即レスしてくる援デリの可能性が高いです。

男女が出会える仕組みを悪用して、客引き行為の場として出会い系を利用する援デリは、時間の無駄なく最大限に多くの男性と出会おうとします。そのため、一人の男性と何回もメールのやり取りをすることはほとんどありません。1通目のメールで長文のメールを送り、会えるか会えないかの返答を迫るのが特徴です。

援デリの実態について詳しくない男性は、登録したての段階では援デリのことを単に援交目当ての女性としか理解できないことが多いです。金銭の授受は発生するとしても相手の女性は素人であると判断してしまい、待ち合わせの約束に応じてしまう人は少なくありません。

援デリは、男性からメールを受信すると、間髪を入れずに返信メールを送ってきます。男性からのメールがなくとも、自らサイトにログインした男性に対して積極的にメールを送るケースも多いです。いずれにしてもレスポンスが早く、少ない回数のメールのやり取りで即アポをとろうとするので、返信メールが長文であることがほとんどです。

また、最近では“長文メールと写真のセットでメールを送ってくる”パターンも増えているの注意しましょう。特に、綺麗な女性、可愛くて若い女の子の顔写メをプロフに載せている女性、メールで送ってくる女性は援デリの可能性がとても高いです。

待ち合わせ場所に五反田などを指定する

ハッピーメールなどの出会い系で待ち合わせ場所に五反田を指定する女性は、ほぼ100%間違いなく援デリ業者です。待ち合わせ場所を勝手に決める女性は業者が高いと判断してメールを送らないのが賢明です。

待ち合わせ場所として指定されることが多いのは、五反田の他にも上野や池袋などホテル街が駅近くにある地域です。会って即ホテルに連れ込み2万を受け取って30分かそこらで立ち去るという行為を何度も繰り返す援デリ業者にとっては、ホテル街近くでの待ち合わせは稼ぎの効率を最大限高めるのに好都合なのです。

「ヤリ逃げ防止で2万お願い」

「初対面の時なんですけど、サイトはヤリ逃げとか多いって聞くので防止のためにホテル代と別で2万預けてもらえますか?2回目からはそれをホテル代とか食事代とかに使います。」という女性も援デリです。

援デリであることを男性に悟られないために、

  • ヤリ逃げ防止のために
  • 2回目からはそれをホテル代とか食事代とかに使います

といった言い訳をして、あたかも素人で2回目以降も関係が持続するかのように思わせることが狙いです。しかし、もちろん2回目はありません。たとえ同じ女性と2回会うことがあったとしても似たような言い訳をされてもう一度お金を要求されるだけです。

ヤリ逃げ防止というのも単なる名目に過ぎません。2回目以降の関係の持続をほのめかしておいて、男性に対して、“最初に支払わせたお金があたかも戻ってくる”かのように錯覚させるための方便に過ぎないです。

男性が「最初に支払うお金を2回目以降のデートの際に有効に使ってくれるのであれば、安心して預けられる」と勘違いして会う約束を取りつけることが業者の狙いです。

援デリの業者は、「預かり金」などの名目でお金を要求してくることもあります。「預かり金」と言われれば2回目以降も会えると思ってしまう男性もいるためです。

なお、「預かり金」の名目としては他にも「性病をうつされたときのための保険」としてお金を要求してくるケースもあります。

「友達含めて3人で会おう」と誘ってくる

援デリ業者の中には、“男性不信に悩む友達を含めて3人で会える人を募集している”という設定のサクラもいます。プロフィールには女性が2人写った顔写メを載せていて「友達の写メを許可をもらって投稿している」などと言います。

こういう女性でも「ホテル代と別に2万ください」と要求される場合は、100%援デリ業者なので釣られてはいけません。「友達を含めて3人で…」や「写メを投稿している」などという部分は、男性に、援デリと疑わせないため、「もしかしたら素人かもしれない」と素人女性2人との3Pへの淡い期待を煽るための方便に過ぎません。

童貞募集の自称AV女優

出会い系サイトや出会い系アプリで童貞の男性を募集している女性は、援デリ業者もしくはサクラの可能性が非常に高いためです。

特に、自称・AV女優の女性が童貞の男性を募集している場合は、ほぼ間違いなく援デリ業者かサクラと見て間違いありません。

YYC(ワイワイシー)などの出会える系の優良出会い系サイト・アプリで、童貞の男性を募集している自称・AV女優の女性利用者は、援デリ業者の可能性が高いです。

ホテル代、食事代などのデート代はすべて負担すると言っていたとしても、援デリ業者の場合は端から食事などのデートらしいデートをするつもりがないので、当然ながら会ったとしてもデート代を奢ってもらえることもありませんし、結局、ホテル代と別に2万円を要求されるのがオチです。

デート代負担の童貞募集のAV女優は業者”と憶えておきましょう。

「ホ別(穂別)2万」要求の業者の特徴と見分け方のまとめ

出会い系サイトや出会い系アプリにおいては「ホ別」や「穂別」という言葉は、援助交際や割り切り関係の交渉のための隠語として広まったものですが、現在の出会い系においては、援デリなどのプロ業者があまりにも増えすぎたため、「ホ別(穂別)2万」など、お金を要求してくる女性はほとんどすべてが援デリ業者とみて間違いありません。

可愛くて綺麗な素人の女性がいるかもしれないと淡いを期待を抱いて、そういった割り切りの誘いに応じる人もいますが、ほぼ100%の確率で援デリ被害に遭うことになるので避けるのが無難です。

「ホ別(穂別)2万」を要求してくる業者は、とにかく男性が抱く「もしかしたら本物かもしれない」という期待を煽って釣ろうとするので、お金を要求してきた時点で相手にしないというのが見極めと被害予防の鉄則ということになります。

現在の出会い系がこれほどまでに援デリに荒らされてしまったのは、援デリと知りながら出会う男性にも大きな責任があります。男性陣が自ら普通の女性と出会いづらい状況をつくることに加担してしまったという経緯を踏まえて、少しでもサイトが健全化するように援デリ業者は徹底無視する姿勢が強く求められます。

サクラ出会い系アプリでは、サクラがよく使う手口

また、本当に会える系の出会い系ではなく、ギリギリトークPICO!などのいわゆる“サクラ出会い系アプリ”で童貞を募集しているAV女優の女性は、サクラの可能性が高いです。

そもそもメール(チャット・トーク)送信に250円前後かかる出会い系アプリには、ほぼサクラしかいないので、どんな設定のプロフィールの女性であろうとサクラの可能性が高いわけですが、「童貞を募集しているAV女優」というプロフィールもサクラがよく使う手口のひとつなので憶えておきましょう。

出会い系アプリのサクラは、若い男性をターゲットに、デート代を負担するなどと“逆援助交際”を匂わせるプロフィールや書込みを投稿していることがよくあります。

そういったうまい話には必ず裏があるものと考えて安易に釣られないのが被害予防対策の最大のポイントです。