一般の女性が相手であれば、出会い系でメアド交換をして出会うのは簡単です。メールアドレス交換を成功させて出会うための最大のポイントは、キャッシュバッカーやアドレス収集業者などの悪質な利用者と普通の女性を見分けることです。

アドレス交換は簡単

男性の中には、メールアドレスを交換して女性と出逢うのは難しいことだと感じている人もいるかもしれません。

しかし、実際には普通の女性登録者、つまり、出会える女性とは大抵の場合はすんなりとメールアドレスの交換ができるものです。出会い系で女性と出逢える時というのは、驚くほど簡単に話が進み、待ち合わせの約束ができることも決して珍しくありません。出会い系には基本的に男性との出逢いを自ら求めて登録している女性ばかりがいるという基本的な前提からすれば、ある意味では当然のことです。

余程感じが悪い言葉やガラの悪い態度で接しない限り、メールアドレスの交換を申し出て断られることはありません。出会い系では、メールアドレス交換できない時はそもそも最初のアプローチメールに対する返信自体がないことが多いので、反対に返事をもらうことができた場合は、高い確率でアドレス交換ができます。

難しく感じる理由は悪質な利用者がいるため

それにも関わらず多くの男性が、女性とのアドレス交換が難しいものと感じるのは、キャッシュバッカーメールアドレスの収集業者が女性登録者として紛れているためです。

  1. キャッシュバッカーの場合
  2. メールアドレス収集業者の場合

キャッシュバッカーの場合

メールアドレスの交換をしようとする相手の女性がキャッシュバッカーである場合、往々にして起き得るのは何やかんやと理由をつけては、メールを引き延ばされるという事態です。メールアドレスの交換をお願いしたとしても、相手がキャッシュバッカーの場合はサイト内メールでやり取りを希望する返事をもらうことが多いです。そして、会ってから交換したいという希望を伝えられます。その上で、会うまでに何度なくメールのやり取りをしようとするのが特徴です。

このような状況に直面した場合は、待ち合わせ場所に向かったとして相手が現れることはまずありません。約束をすっぽかされるのがオチです。

メールアドレス収集業者の場合

相手がメールアドレス収集業者の場合は、メールを引き延ばされるということもありません。むしろ、時には相手側から携帯の直アドを教えられることもあるため、それに対して返信し、メールアドレス交換ができたという錯覚に陥るケースも多いです。この場合、相手が業者であることに気づかなければ、アドレス交換がすんなりとできたという感覚と、直メを送信しているのになぜ返事がないのかについて不思議さを感じることになります。

メールアドレス収集業者に騙された場合、何らかの被害がすぐさま発生することはほとんどありません。集められたアドレスが未承諾広告(迷惑)メールを送信する悪徳業者に売買されるなどした後に、サクラ出会い系の広告メールが大量に送信されてくることになります。スパムメールが送られてくるようになるまでには、時間差がある場合が多いので時にはアドレス収集業者に騙されたことに気づかないこともあります。

成功のカギは会える女性を見分けること

キャッシュバッカーやメールアドレスの収集業者は、出会える系の出会い系には非常に多いです。それによって、普通に出会える女性を見つけだすのが難しくなってしまっていることは否定できません。本来簡単であるはずのアドレス交換が難しくなっているのが現状です。

何よりも大切なのは、プロフィール検索掲示板を使って女性を探す際に、まず普通の女性登録者の特徴についてあらかじめ理解を深めた上で、一人一人慎重に見分けるということです。

残念ながら、出会い系で女性から返事がもらえることは、期待に反してそれほど多くありません。返事をもらえたと思ったら業者だったということも珍しくないので、業者と疑いつつも直アドを送ってきた女性に対して返信メールを送信したくなるのが男性利用者の心理です。

しかし、それでは元も子もありませんから、女性の見極めをしっかり行いながら出会える女性が現れるのを辛抱強く待つぐらいの心づもりで利用しましょう。