出会える系の出会い系には、女性になりすまして利用者を外部のサクラサイトへと誘導する業者が登録しています。プロフサイトや別の出会い系に誘導しようとする女性を信用して釣られないことが、騙されないための対策です。

誘導先のサクラ出会い系で騙すことが目的

利用者になりすまして外部のサイトなどへと誘導する業者の狙いは、誘導先のサクラ出会い系に登録させ、詐欺的な行為によって料金を不正に騙し取ることです。誘導先のサイトが、優良で安全な出会い系であることは一切ありません。誘導されるサイトは例外なく悪質な出会い系です。

連絡先の代わりに外部サイトのアドレスを教えてくる

悪質なサクラ詐欺の出会い系へと誘導することを目的とした業者が用いる手口は単純明快です。

具体的には、メールアドレスや電話番号といった連絡先の代わりにプロフサイトコミュニティサイト、そして時には自らが運営するサクラ出会い系のアドレスを教えてくるというものです。

この内最も多いのは、プロフサイト上などに架空の人物の個人プロフィールページを作成しアクセスさせ、アクセスした人がメールを送るなどの行動を取るように仕向けるという方法です。メールを送信したり、登録するなどの手続きを踏むとサクラ出会い系に登録されるという仕組みになっています。

その際、よく使われる文句は、「普段はこっちのサイトにいることが多いのでよかったらこっちから連絡ください。」というものです。

メアドを聞き出してサクラサイトに無断で登録される場合もある

また、時にはより直接的な方法でサクラ出会い系へと誘導、登録されてしまう場合もあります。メールアドレスの交換を装い、利用者にアドレスを送信させて集めたメアドを無断で勝手にサクラ出会い系の会員情報として登録するという悪質極まりない手口を使う場合もあります。

この場合、メールアドレスを教えた一般の利用者は、サクラ出会い系に誘導、登録されたことに気づかないので、その時点では被害に遭ったという自覚がありません。その後、勝手に登録されたサイトからのサクラメールが大量に送られてくるに至ってようやく被害に気づくということになります。

ただし、サクラメールが送られてくる要因が何なのかについては具体的に突きとめられないケースも多く、これはポイント制サイト定額制サイトなどにおいて、登録すると迷惑メールが送られてくるという誤解を生む要因にもなっています。

この手口については、メールアドレスの収集業者が用いる手口とも似た部分があり、結果として生じ得る被害が同じであることから両者に違いはないと考えて問題ありません。

騙されないための対策、気をつけるべきこと

こうした悪徳業者に騙されないために利用者が気をつけるべきことは、個人の連絡先(携帯アドレス)以外のメールアドレスやサイトのアドレスを教えられても、決して釣られないということが大切です。

出会うことを目的にサイトに登録している、普通の出会い系利用者が会うためにわざわざ外部サイトのアドレスを教えたりするなど、面倒でややこしい段階は踏むことはないので、いくら写メ画像が掲載してあろうが、信用できそうなことを言っていようが、信じないようにするということが大切です。