LINEやカカオトークのID交換掲示板などの出会いアプリを使うと、一般ユーザーになりすました悪質出会い系のサクラに誘導されることにより被害に遭う危険や、LINE掲示板に見せかけた偽サイトに登録することで詐欺被害に遭う危険があります。

急増するLINEやカカオ掲示板アプリのユーザー

スマートフォンの急激な普及に伴い、インターネット上での出会い探しの方法にも変化が見られるようになりました。最近では、出会い系を利用する代わりにスマホの出会いアプリを活用し、異性との新たな出会いを実現するユーザーも増えてきています。中でも最もポピュラーなのが、LINEやカカオトークのIDを利用して出会う仕組みの掲示板アプリです。しかし、これらの出会いアプリ・掲示板を利用することには危険性もあります。

18歳未満の未成年者による援助交際問題

LINE/カカオトークのID交換を通じて出会う仕組みの掲示板や、GPS検索でご近所さんと出会うアプリ「スマとも」などの無料出会いアプリの最大の問題点は、18歳未満の未成年者が出会い系代わりに利用でき、出会えてしまうという点にあります。目的も真っ当な恋愛・恋人募集ではなく、援助交際相手の募集などに悪用されるケースが少なくありません。

規制法の制定・施行により、18歳未満の児童でないことを確認することが出会い系において義務化されたことにより、18歳未満の未成年者が利用することができなくなったこともあり、近年では、出会いの機能が備えられているアプリなどを通じて援助交際相手を探す児童が増えています。

これらの事態に対して、LINEやカカオトークはアプリ開発者に対して、児童が出会い目的で利用することができないような仕組みとすることを求めていますが、残念ながら明確な法規制などがないこともあって、未だに出会い目的で利用できるアプリが非常に多く存在しているのが実態です。

サクラ詐欺の悪質サイトへ登録させられるリスク

LINE/カカオトークのID交換掲示板を利用することには、出会いを実現することができる可能性もあるものの、サクラ出会い系へと登録させられる危険性もあります。具体的なリスクとして挙げられるのは、以下の2つです。

  1. 一般ユーザーになりすましたサクラによる誘導
  2. コンテンツの利用を通じて誘導登録されるリスク

一般ユーザーになりすましたサクラによる誘導

LINE/カカオトークのID交換掲示板は非常に多くの人が利用するサービスですが、一般のユーザー以外にもサクラ詐欺の悪質サイトへと誘導する目的で利用している業者も多いです。IDやメッセージの交換を通じて、自らが運営するサイトへと誘導することによって登録させ、騙すことを目的としているサクラにあたってしまう危険性は決して低くありません。写メ画像を用いて男性の興味や関心を惹きつけるなど、手口は巧妙化しているので十分な注意が必要です。

コンテンツの利用を通じて誘導登録されるリスク

LINEやカカオトークなどの無料通話アプリのIDを使用するアプリ・コンテンツには、出会いとは直接関連のないものも多数存在します。しかし、中にはアプリ・コンテンツの利用を通じて、いつの間にかサクラ出会い系へと移動・誘導され半ば強制的に登録させられるケースもあります。悪質な出会い系の運営業者が利用者を集める手段として開設することの多い、占いサイト・サービスなどが無料アプリとしても配信されているケースもあるなど、出会いに興味のないユーザーでも本人が気づかない内にサクラ詐欺被害に遭うリスクがあるのです。こうした、非・出会い系ユーザーをターゲットした詐欺被害は近年増加傾向にあります。

LINE/カカオトーク掲示板を装ったサクラ出会い系の存在

LINEやカカオトークのID交換を通じて出会える無料アプリが存在する一方で、それに見せかけた偽のサイトも現在増えつつあります。LINEやカカオトークのID検索や交換を通じて出会えるとし、それらしく作った掲示板を一部公開しておき、興味を抱いたユーザーを集めようとするのですが、実際の登録先は単なる無料出会い系という見せかけだけのサイトが非常に多く登場してきています。

これは、無料通話アプリ系の出会い掲示板の利用者が増加していることに目をつけたサクラ出会い系の運営業者による新たな集客方法であり、被害に遭う人が増えているタイプの手口です。これらのサイトはネット検索を通じて発見することができるため、ユーザーが「LINE掲示板」などの検索ワードで検索を実行した結果、誤って登録してしまうリスクがあります。他にも、こうしたサイトを開設する悪徳業者は、スパムメール(出会い系の未承諾広告メール・迷惑メール)の送信によってユーザーを取り込もうとすることも多いです。スパムメール送信のターゲットとなるのは、過去に何らかの出会い系に登録したことがある人である場合が多いため、興味や関心の点からメールに釣られて誤って登録してしまう可能性があるので大変危険です。