ハッピーメールやPCMAXなどの出会える系の優良出会い系にもキャッシュバッカーや援デリ業者のサクラ、メールアドレス収集業者などの悪質な女性登録者がいます。素人の女性と出会うには悪質な女性登録者を見分けるのが攻略のポイントです。

サクラと疑わざるを得ない女性の存在

少額で利用できるポイント制の出会い系は、出会い系の中でもきちんと利用者同士で出会えるようになっていることや、サイト運営者による騙し・不正課金がないことから優良であると評価されることが多いものの、それらのサイトにおいても悪質な利用者の存在は確認されています。悪質な利用者の例としては、キャッシュバッカー違法売春斡旋業者(援デリ業者)などが一般的には広く知られていますが、他にもサクラと疑わざるを得ない女性ユーザーが存在している疑いがあります。

援デリ業者についてはその特徴が割と明確であり、比較的容易に特定することができますが、それ以外の悪質な女性ユーザーがキャッシュバッカーであると考えるのは無理があるのではないかと考えられるためです。キャッシュバック目的でサイトを利用するとしても、ある程度の額を稼ぐためにはそれなりの時間と労力が必要ですし、その数の多さからすれば全員をキャッシュバッカーと見なすのは非論理的と言わざるを得ないほど悪質な女性ユーザーが多いのです。

むしろ、キャッシュバッカーではなくサクラが交じっていると考えた方が頷ける部分も多く、サクラがいないとされているそれらのサイトにおいても、大々的に活動することはないにしても実は少なからずサクラがいるのではないかと考えられるのです。

この点については、確たる証拠がないため確実な結論を言い切ることはできませんが、継続的にサイトを利用していると、似たようなプロフィールの女性が立て続けに登録しているケースや、メールを送っても決して返信することなく、かといって誰かと出会っているようには見えない、継続的に利用している女性が少なくありません。それらの女性ユーザーについては、サクラなのではないかとの疑いを持たざる得ないのです。

囁かれる噂 – 自動応答のサクラの存在

サクラが一部混じっているのではないかと考えるに至った理由は、他にもあります。それは、一部のサイトにおいては自動応答のサクラがいる可能性があるとの噂を業界の事情に通じた関係者から聞いたことがあるためです。

たとえば、ポイント制の出会い系の中には、ログインすると必ずと言っていいほど女性からのアプローチメールが送られてくる場合があります。そうした女性の大半は援デリ業者なのですが、それ以外の女性ユーザー、しかも一般女性とは到底考えられないような女性が含まれていることも少なくありません。

筆者がこれまでに体験してきたことからも、男性利用者からのメール送信を促すためにログイン直後の男性に向けてメールを送信するサクラが設定されている可能性はまったくないとは言い切れませんし、プログラムによる自動応答かに関わらず、何らかの形態でサクラが導入されている可能性が疑われる要素はいくつも存在します。

悪質なユーザーが黙認されている疑い

サクラの存在以上に問題なのは、悪質な女性利用者が半ば黙認されているのではないかという点です。どの出会い系においても、悪質な女性利用者の存在は確認できますが、それを大幅に減らす努力がなされているようには感じられないのです。むしろ、事実上放置され黙認されているのではないかとの疑いを抱くことも少なくありません。その理由は、悪質な女性ユーザーがいる方がサイト運営者にとっては都合がいいこともあるためです。

  1. 女性の数が多いと見せかけられる
  2. 売上に貢献している可能性

女性の数が多いと見せかけられる

悪質なユーザーとはいえ、それらの存在によって単純に女性利用者が多いと見せかけられるメリットがあると考えられます。女性を検索した際に、全然人がいないよりも多くいる方がサイトが賑わっている風に見せかけることができますし、それによって男性利用者のモチベーションが高まることも期待されます。また、女性利用者が多いことは、実態を分かりづらくさせ、男性に対して悪質な女性も多いものの、普通の女性もそこそこ多いのではないかとの印象を与える効果をもたらす可能性もあります。

女性の数が少ないと、男性からは利用価値がない、ダメな出会い系と判断されてしまう可能性が高いのに対し、悪質な女性が多数含まれるとしても人数が多い方が出会い系の賑わいを演出することができる分、利用してもらいやすくなると考えられます。

売上に貢献している可能性

悪質な業者や利用者がいることによるメリットは会員数をより多く見せかける以外にもメリットがあると考えられます。それは、悪質な利用者に対して男性がメールを送ることなどによって発生する売上の上昇です。現在のサイトの状況を見ていると、非常に多くの男性利用者が一般の女性でない利用者に騙されるケースが非常に多いですが、これは同時にたくさんの料金を支払っているということを意味します。その規模は、悪質な女性ユーザーの数を推測するに、決して小さい額ではないものと考えられます。

つまり、サイト運営者にとっては、悪質なユーザーがサイト内に多くいる方が売上を伸ばしやすい構造になっている可能性も否定できないのです。売上と男性会員の利用メリットのどちらを優先するかは運営者の善意やモラル次第ですが、状況を鑑みるとどうも売上の方が優先されているような気がしてなりません。

こうした点からも、悪質な女性ユーザーに対する対応が手緩く、事実上黙認されているとの疑いを抱かざるを得ない面があります。

優良サイトと言えども完全には信頼できない

したがって、利用者の心構えとして、いかに他の出会い系に比べて優良と評価することができても、全面的に信頼することは到底できないと肝に銘じておくことが大切です。出会い系である以上、運営者が自らの利益を犠牲にしてまでユーザーメリットだけに注力している可能性はほとんどないことを理解しておかなければいけません。

このことは、ハッピーメールやPCMAXなどの出会える系の優良出会い系にも言えることです。ハッピーメールやPCMAXは出会い系の中でも比較的女性と出会いやすいですが、キャッシュバッカーや援デリ業者は事実上放置されているので、騙されないよう注意深く見分けるようにしまほう。

出会い系には残念ながら他に利用する価値のあるサイトがほとんど存在していないことから、我々ユーザーはこういった問題が多々ある出会い系とはいえ、登録先として選択せざるを得ない面があります。その現実を頭に入れた上で、被害に遭うことなく安全に出会いを実現するためにも慎重に利用することが強く求められます。