既婚者が出会い系でメル友・恋愛募集や大人の出会いなどの目的で安全に出会うための情報のまとめと解説。既婚者が出会い系に登録する際のサイト選びのポイントや利用方法のアドバイス、被害を避けるための知識について解説しています。

既婚者が出会い系を使う目的

一昔前は、既婚者が出会い系を使う目的といえば、端的に「大人の出会い」などの割り切った関係がほとんどでしたが、近年では利用者の傾向が変わりつつあります。特に最近顕著なのは、メル友や恋人募集などの真面目な出会いを目的とする既婚者ユーザーの増加です。

結婚しているにも関わらず恋人を募集することが、既婚者の出会い系利用者の目的が“真面目な出会い”と表現できるかという問題はさておき、大人の出会いから真面目な出会いへと目的がシフトしつつあることはたしかです。恋愛感情を伴わない不倫関係ではなく、婚外恋愛というような、結婚しているけれども別の人とメル友や恋人関係となりたいという目的で出会い系に登録する人が増加しているのです。

もちろん、今現在でも恋愛関係ではない不倫相手の募集や、割り切った大人の関係の構築を目的に利用している既婚者ユーザーも多いですが、既婚者だからといってすべての人が体目当てでサイトに登録しているわけではないことは注目すべき点です。

同じ既婚者でも男性と女性との間には、利用目的や登録の動機に違いが見られます。男性の既婚者にもメル友や恋人募集を目的とする人が増えていますが、女性の既婚者の場合はその傾向がさらに顕著に見受けられます。大人の出会い目的であることを全面的に標榜している、援デリ業者などは別として、一般の既婚女性ユーザーは恋人を募集しているケースが非常に多いです。また、30代・40代以上を中心に、比較的年齢層の高い既婚者の女性利用者自体が以前に比べて増えているのもここ数年の大きな流れです。

スマホの普及と既婚女性の増加

既婚者の女性利用者が増加した背景には、スマートフォンの爆発的な普及が大きく影響していると考えられます。スマホの利便性の高さは、出会い系に限らずインターネットの利用や閲覧が、ガラケー(フィーチャーフォン)に比べて遙かに簡単で利用しやすいことです。これまでインターネットとの接触機会や利用機会が少なかったガラケーユーザーの女性の多くが、スマホに機種変更することによって、インターネットユーザー数が全体的に増加し、それが出会い系を利用する女性の増加にもつながっているというわけです。

このことは、ポイント制の出会い系などにおいて女性のプロフィールを見てみると、利用している機種・端末がスマートフォンやiPhoneになっている人が非常に多いことからも分かります。ガラケーではネットが使いづらく、PCではプライバシーを確保してネットに接続することが難しいので、以前は、希望はあったとしても既婚者の女性が出会い系へ登録し利用するのは、現実的に難しいことでした。

つまり、これまで出会い系の利用を携帯端末やネットの利用環境によって諦めていた人が、スマホに乗り換えることによって出会い系を利用しやすい環境を手に入れたことで、それらの女性が出会い系に登録することによって全体的に既婚者女性ユーザーが増加していると考えられるのです。

登録すべきではない出会い系

このサイトでは、再三に渡って解説していますが、残念ながら出会い系にはサクラ詐欺などによって登録者を騙すサイトが非常に多いため、新規の利用者が増加することは、被害に遭う人が増えることにもつながりかねません。それを防ぐためには、登録・利用すべきではないタイプのサイトについて理解を深めておくことが強く求められます。特に、以下の二つのタイプに該当する出会い系は、ほとんどすべてがサクラ詐欺サイトであるので決して利用しないようにしましょう。

  1. 既婚者専用サイト
  2. 無料サイト

既婚者専用サイト

出会い系には、以前から既婚者専用を謳うサイトが非常に多く存在していました。既婚者専用と言わずとも、人妻出会い系などのネーミングで呼ばれるサイトもこれに該当します。これらの出会い系はいずれも典型的なサクラ詐欺サイトで、過去においては出会えていた時期もありましたが、現在では一般女性利用者がほとんどいないことなどから出会えることは無いに等しく、単に被害に遭うリスクが存在するだけのサイトとなっています。

出会い系の利用経験がない新規の既婚者ユーザーは、同じ既婚者同士で出会うことを目的としていることも多いため、登録先のサイトとしてこの「既婚者専用サイト」を選択する傾向が強いですが、上記の理由からまったくすすめられません。「既婚者だから専用サイトに登録する」と考えるのは、被害を招く大きな要因となります。

無料サイト

既婚者専用の出会い系とともに新規の既婚者ユーザーが登録先として選択することの多いのが、無料サイトです。しかし、無料出会い系で目的とする出会いを実現することは事実上不可能であり、むしろ何らかの被害に遭う可能性が高いので避けるべきタイプのサイトとしか評価できません。

現在、存在している出会い系の多くが無料サイトの体で登録者を集め、関連する有料サイトに誘導・登録しサクラ詐欺によって騙す手法を採用しています。つまり、無料サイトに登録してしまうと非常に高い確率で被害に遭う可能性があるということであり、利用にはまったく不向きなサイトとしか言えません。

既婚者が出会うための方法・コツ

これらのことから既婚者が出会い系で出会うには、まず登録先として、出会える系のサイトとも言われ、比較的優良であると評価できるポイント制の出会い系を選択することが重要です。そしてその上で、出会える系のサイトの危険性を避けて出会うために、以下の点に注意しながら利用することが効率よく出会いを実現するための方法です。

  1. プロフィールによる女性の見極め
  2. メールに関する注意点とコツ
  3. 嘘をつかない

プロフィールによる女性の見極め

既婚の男性利用者がまず気をつけなければいけないのは、出会い系には、非常に多くの既婚者女性になりすました援デリが登録しているということです。援デリは、大人の出会い目的であることを前面に押し出して男性の気を惹こうとするのが特徴であり、割切った関係やすぐに会える女性を探している男性ほど騙されやすいです。

これらの“既婚者女性”に騙されないためにも、深く検討することなく手当たり次第にメールを送信するのではなく、事前にしっかりとプロフィールの内容を評価し、悪質なユーザーでないかを様々な角度から見極めなければいけません。

メールに関する注意点とコツ

既婚者が出会い系で効率よく出会うには、メールのやり取りをスムーズに行い、できるだけ無駄なくメールアドレスの交換にまで進むことが重要です。既婚者の場合、じっくりとサイトを利用できる時間が限られることが多いので、メールのやり取りをする際には、テンポよく会話が進められるように(返信)メールを送るタイミングを工夫する必要があります。

特に、既婚者男性と独身女性が出会う際には、両者の間でメールを送信することができる時間に大きな差が生じることが想定されます。返信メールを送るのが遅れたことが原因となって、その間に相手の女性が別の男性と出会ってしまうというケースも出会い系では珍しくありません。出会えるチャンスはそれほど多くはないので、もったいない失敗をしないためにも、メールを送信する際は、話がスムーズに展開するような内容とタイミングを意識するようにしましょう。

嘘をつかない

既婚者の男性には結婚していることを隠して、独身者として独身女性と出会おうとする人もいます。しかし、これは後々トラブルを招く要因ともなり得るので避けなければいけません。結婚していることを隠したまま恋愛関係に発展した男性が、既婚であることが発覚すること、それによる感情のもつれなどにより、大きなトラブルに巻き込まれる危険性は決してゼロではありません。

また、一人の大人としてのマナーやモラルの観点からも望ましくないことなので、くれぐれも嘘をついて女性と出会うのはやめましょう。特に、真面目な出会いを目的とする場合には、相手の女性が行く末心理的に傷つく可能性も高いので節度ある態度や言動が求められます。