ハッピーメールやPCMAXなどの出会える系の出会い系でも、キャッシュバッカーや援デリ業者、サクラに騙される危険性はあります。出会えるからといって完全に安全というわけではないことを理解して女性を見分けることが被害予防対策のポイントです。

「出会える」という評価が意味すること

出会えるということが安全性を完全に保証するわけではありません。出会い系安全に出会うためには利用者自らが正確な知識や情報の収集に努め、賢明な選択をすることが欠かせません。これは、被害やトラブルを防ぐだけでなく、効率的な出会いを実現するためにも重要となる考え方であり姿勢です。

このサイトにおいても当てはまることですが、出会い系に対する「出会える」という評価は、出会いを実現できる可能性があることを意味しているに過ぎません。このことについて誤解をしたまま登録・利用してしまう人は非常に多いです。「出会える」という評価や事実が、“登録すれば誰でも簡単に会える女性を見つけられる”ことを意味すると曲解し、過剰な期待を抱いた状態で登録してしまう人が少なくないのです。

しかし、多くの体験者が実感している通りで、出会い系は運が良ければすぐに出会いを実現することができる場合もある一方で、簡単には出会える女性を見つけられないという状況に直面することがほとんどです。特に、「出会える」の意味を曲解して過剰な期待を抱いて登録した利用者が、そのような状況や事態に直面することが多いのが一般的な傾向です。

出会える系の出会い系と言えども、援デリなどの悪質なユーザーが女性利用者として数多く登録している現状においては、出会える可能性があるからと言って、安全性が高いとはとても評価することはできませんし、安全性を阻害するそれらの要因によって、出会える可能性が低められていることも否定できません。

利用方法に強く依存するサイトの安全性

出会い系での出会いの実現は、人と人とがメールや掲示板というごく簡単なツール・サービスを媒介として出会うという仕組み上、そもそも不確定要素が多く、利用者すべてに人に対して共通する出会える可能性を提示することは不可能です。仮に、サクラもまったくおらず、悪質な業者などもまったくいない、出会い目的の会員しかいないサイトがあったとしても、出会えることを保証することは難しく、出会えないままでサイトの利用を中止する利用者はいることでしょう。

つまり、出会い系で出会えるか否かを左右するのは利用者の利用方法に大きく依存する部分があるということなのです。これは、安全性の確保というテーマについても言えることです。

出会えることに過剰な期待を抱いた利用者が陥るのが、出会えない状況とともに悪質な業者らに簡単に騙されてしまうという事態です。正確な知識や情報が不足したまま、誤った使い方によって出会い系を利用することで生じる安全性を確保することができずに被害に遭う事例は枚挙に暇がありません。

残念ながら、出会い系には完全に優良であると評価することができるサイトがないこともあり、利用者自身が知識武装をした上で、慎重な利用を進めることが安全性を確保する上では欠かすことのできない条件となっています。

危険性を理解し、十分な備えをした上で登録・利用する

出会えることが安全性の高さを保証するものではない以上、利用者に求められるのは、自らが積極的に安全性の確保に努めるということです。これは、一般的なモノやサービスの提供者と購入者の関係と照らし合わせると、不条理とも言えます。本来、サービスの提供者はサービスの購入者である利用者の安全性の確保に全力で努める義務を有しているはずです。

しかしながら、現実がそのような状況にはなっていない以上、そして、出会い系を利用したいというニーズが利用者の側にある以上利用者に残された選択肢は、サイト選びのシーンや出会い探しのシーンにおいて、より賢明な選択や行動をする以外にありません

そのために必要となるのは、出会い系の実態について正確な情報や知識を収集し、悪質な業者らに騙されないように注意深く女性利用者について評価を行い慎重にメールを送る相手を選ぶということに他なりません。

出会い系は、サイト運営者や管理者が意図する以外の目的で悪用されることも多いネットサービスです。悪意あるユーザーによってサイトが荒らされるリスクは、出会いやすいなど評価や人気が高いサイトほど多く有しているとも言えます。利用する際には、安全性の確保に自ら努めることが大切だということを理解しておきましょう。