出会い系でプロフィールコメントに“お願いあり”や“条件あり”と書いてない女性でも、メールのやり取りの中で条件を言ってくることもあります。いずれにしても「ホ別2」などの条件で会おうと誘う女性は援デリ業者の可能性が高いので会わない方が安全です。

質問

いまイククルで出会った女性とメールのやり取りをしています。

メールアドレスを交換して直メでメールのやり取りをしています。近々会おうかという話になりそうなんですが、知り合いに見られたくないからと待ち合わせ場所に上野や鴬谷を指定してきます。

一瞬デリ業者かとも疑ったんですが、サイトのプロフィールには“お願いあり”や“条件あり”とは書いていませんでしたので会っても大丈夫なのかなと思っています。

“お願いあり”や“条件あり”と書いていない女性でもデリ業者の場合はあるんでしょうか?

デリ業者と会って断った場合のトラブルなどをネットで体験談を読むと、危ない目に遭う可能性もあるようで、だんだん会うのを躊躇う気持ちが大きくなっています。ぜひ教えてください。

回答・解説

援デリ業者の可能性が高い

結論からいえば、この男性がメールのやり取りをしている相手の女性は素人の可能性もありますし、プロ、つまり援デリ業者の可能性もありますが、待ち合わせ場所に上野や鴬谷を指定していることから援デリ業者の可能性が非常に高いです。

イククルなどの出会い系で“お願いあり”や“条件あり”で会おうと誘ってくる女性は、そのほとんどが援デリ業者であると考えて間違いないです。こういったケースは、イククル以外の出会い系では、ハッピーメールで特によく見られます。

素人だったとしても元・援デリ嬢として働いていた女性が個人でイククルで客引きをしている可能性も考えられます。いずれにしても、待ち合わせ場所に上野や鴬谷を指定してきていることから考えると、デリ系の女性の可能性を疑った方がいいです。

それを前提として、会う前、そして会ってからもホテル代と別に2万や3万などの現金を要求してこないようであれば、完全な素人と判断しても大丈夫です。反対に、メールのやり取りの中で金銭を要求してくるようであれば素人・業者問わずに待ち合わせの約束をするのを止めた方がいいでしょう。

素人の女性と見分けづらい援デリ業者も増えている

最近では、援デリ業者が素人と見分けづらくするために、プロフィールに“お願いあり”や“条件あり”と書いてない場合も増えてきています。

以前は1回目、2回目のメールですぐにアドレス交換して待ち合わせるという手口ばかりでしたが、ポイント消費してメールを何度かしていくうちに、割り切り条件ありで、ホテル別2~3万でどうですか?と言ってくる業者も多いです。

プロフコメントに“お願いあり”や“条件あり”と書いてあるか or 書いていないか だけを手掛かりに素人か業者かを見分けるのは難しくなっているので、直メアドレス交換後であっても、待ち合わせ場所や条件など会う際の相手の希望などを含めて判断しなければ思わぬ被害に遭う可能性があるので注意しましょう。