出会い系の男性登録者には相手が違法性が高い援デリの女性と知りながら出会う人がいますが、援デリ業者は違法な売春斡旋業者であり、男性が援デリと会うことでさらに出会い系が悪用される悪循環を生むので決して誘いに釣られて出会ってはいけません。

会うことを優先して援デリ業者の女性と出会う男性

現在の出会える系の出会い系における最大の問題は、客引きを目的とした違法な売春斡旋の援デリを行う業者によるサイトの悪用・乱用です。風営法の許可を得ずに営業している援デリ業者は、違法な売春斡旋業者であり、本来出会い系からは徹底的に排除されるべき存在です。

男性利用者も決して釣られることなく、援デリ業者とは一切関わりを持たないことが強く求められます。しかし、残念ながら援デリ業者が多いハッピーメールなどの出会い系の男性登録者の一部には違法風俗業者と知りながら自ら出会う人もいます。その理由としては、主に以下の3つのことがあると考えられます。

  1. 一般の女性が見つからない
  2. 大人の出会い目的であることが多い
  3. 即会いできる手軽さがある

一般の女性が見つからない

男性が自ら進んで援デリ業者と出会う理由として最も多いのは、一般の女性利用者となかなか出会えないためです。ポイント制の出会い系には、数百万人を超える男性が登録していますが、それに対する一般の女性利用者の数は、男性に比べれば非常に数が少ないです。登録前に期待していた出会いを実現することができないことによって、会えることを優先し一般の女性ではない、業者を相手に待ち合わせをすることを選ぶ男性がいるのです。

出会いを期待して登録したにも関わらず、簡単には出会えないことが分かった場合、どうしても出会いたいという願望から、会えるのであれば半ば誰でもいいと考えてしまうのは、気持ちの問題も含めある意味では仕方のないことかもしれませんが、それでもやはり違法業者相手に待ち合わせをしてしまうのは、決して推奨されることではありません。

大人の出会い目的であることが多い

出会い系に登録している男性のほとんどは、大人の出会いと言われる気軽な男女関係を構築することを目的に出会い系に登録しています。

手軽に体の関係だけで会える女性を探す男性の中には、女性にお金を払う「割り切り」の条件で女性と会う人もいます。そういった男性にとって援デリの女性は、手っ取り早く目的を果たせる格好の相手なのです。

即会いできる手軽さがある

出会い系で客引きを行う援デリ業者の特徴のひとつには、最初のメールで待ち合わせの約束を取り付けようとすることがありますが、このことから、男性利用者にとってはサイトに登録してすぐに出会える、いわゆる“即会い”を実現することができる手軽さがあるものと推測されます。大人の出会いという目的同様、出会い系の男性利用者のほとんどは、できればすぐに会える女性を見つけたいと考えていることから、即会いができる援デリ業者の存在は、手っ取り早く目的を叶える上で格好の存在と考える人がいても不思議ではありません。

このように、援デリ業者と出会うことを選択してしまう男性が少なからず存在することには、出会い系が抱える男女の利用者数の違い(一般女性の少なさ)や、男性利用者の登録動機・目的が強く影響しています。

男性利用者が心掛けるべきこと

しかし、いかに一般の女性利用者と出会うことが簡単ではないとはいえ、やはり違法性の高い売春斡旋業者の客引きに応じることは、決して認められることではありません。

相手が違法業者か合法的な業者かや、違法性があることに対する認識の有無を問わず、そもそも金銭と引き換えに女性と出会う行為に問題があることは、誰でも分かることです。それにも関わらず相手の求めに応じてしまうことは、自らも摘発の対象となる可能性を進んで受け入れているとも言えます。これは、賢明な大人のする判断・行為ではありません。社会的な信用や立場をも失うリスクを背負ってまで、援デリ業者と会うのはあまりにも愚かな選択と言っても過言ではないでしょう。

また、現実問題として、それらの援デリ業者と出会ったしても、騙される危険性や美人局などの犯罪被害に遭う危険性もあります。口コミ情報サイトなどに投稿される体験談を読むと、写真とまったく異なる女性が待ち合わせ場所に派遣されてきたり、財布を盗まれるなどの被害に遭うケースも多いです。そういった危険性の面からも、出会い系で客引きを行っている業者の求めには、決して応じてはいけないと言えます。

さらに、援デリ業者による客引きに応じることが、出会い系の健全性を益々損ね、犯罪性の高い行為に悪用されるケースを増やす可能性も強く懸念されます。自らにとっての利用環境を悪いものと助長する行為は、他の一般の男性利用者や出会い系運営者にとっても甚だ迷惑であり、絶対に止めるべきです。

大多数を占めるまともな男性利用者が、ほんの一部の心ない利用者の行為によって様々な面で損害を被るのは、とても受け入れがたいことです。男性利用者のみなさんは、ぜひこれらのことを理解した上で、決して援デリ業者に釣られることがないよう注意しましょう。

【補足】未成年者が犯罪に巻き込まれるリスク

タイミングよく関連するニュースがライブドアニュースにて流れていましたので補足しておきます。以下、記事を一部引用。

スマートフォン用の出会い系アプリで客を募る「援デリ」(援助交際デリバリー)が全国で横行している。

携帯電話と女性がいれば簡単に始められることから、全国で社会問題化している新手の「裏風俗」だ。無店舗型の「デリバリーヘルス」と形態は似ているが、大きな違いは、未成年の少女たちを派遣することがある点だ。ときには、暴力団が介入して資金源として狙われ、“バイト感覚”で始めた少女らが深みにはまり、抜け出せなくなる取り返しのつかないリスクもあるという。

引用元:少女蝕む裏風俗「援デリ」の実態…全国で横行、暴力団の介入も

上記の記事ではスマートフォンアプリを使用した援デリの実態についてレポートされていますが、このページで解説した通り、出会い系にも同様の業者が数多く潜り込んでいます。これらの援デリ業者と出会うことは、ともすれば引用した記事にもある通り、援助交際相手として犯罪に巻き込まれた未成年者をさらなる犯罪被害に巻き込む恐れがあります。

未成年者は、規制法により出会い系を利用することができませんが、業者が組織ぐるみで年齢確認の手続きを誤魔化し登録し、未成年者を援助交際の相手として派遣する可能性は決してないとは言えません。その場合、そのことを知らずとも摘発対象となる可能性が非常に高いです。

未成年者を犯罪に巻き込むリスクや、自らが児童との援助交際によって摘発されるリスクがあることも、援デリ業者と決して出会ってはいけない理由のひとつと言えるでしょう。