ワイワイシーの女性で会う時に「初回だけ2万円ください」と言ってくる女性とは決して会ってはいけません。YYCに限らずどの出会い系でも、会う時にお金を要求してくる女性は援デリ業者の可能性が非常に高いので徹底して無視しましょう。

質問

今YYCでメールをやり取りしてる女性が4,5人います。

その人たち以外にもこれまで何人かの女性とメールしてきましたが、ことごとく2万円を要求してきます。

そういう女性は普通の人なんでしょうか?それともサクラか何かですか?

また、会っても安全なんでしょうか?

どうして、みんな同じように2万円を要求するのかも気になります。

回答・解説

会う条件として2万円を要求する女性が出会い系にはとても多い

出会える系の出会い系に初めて登録した人が驚くのが、まさにこの質問を投稿してくださった方が直面している“会う条件として2万円を要求してくる女性ばかり”ということです。特に、女性からファーストメールが送られてきてメールをし始めるケースや、女性が投稿している募集の書き込みに対してメールを送ってから連絡を取り合うケースにおいては、ほとんどが2万円を要求してくる女性ばかりです。

これは、YYC(ワイワイシー)に特有のことではありません。残念ながら、出会い系の中で最も安全性が高く出会えると評価することができるワクワクメールにおいてでさえも、こうした女性が非常に多いというのが現実です。最近では、ハッピーメールでも「ホテル代と別に2万円」の条件で会おうと誘ってくる援デリ業者がとても増えています。

2万円を要求してくる女性は援デリ業者

この、“2万円を要求してくる女性”は、援デリという違法性が高い風俗業者であるというのが真相です。客引きの場として出会い系を悪用し、あたかも援助交際を希望している女性かのように見せかけて男性を誘うのが常套手段であり、これらの援デリ業者はあらゆる出会える系のサイトに登録して客引きを行っているというのが実態です。

写メ詐欺・プロフ詐欺は当たり前、待ち合わせには別人が来る

援デリ業者は、実際に待ち合わせ場所に派遣する女性とは大きく異なるプロフィール(外見や写真)を設定していることも珍しくありません。いざ待ち合わせ場所に行ったら、写メや想像とは似ても似つかない女性が現れたという被害に遭う人もたくさんいます。

このように、現在の出会える系の出会い系では、援デリの女性を一般の女性登録者と見誤って言われるがままに待ち合わせの約束をしてしまい、会った後に相手が業者絡みの女性だったことに気づくという被害に遭う男性が非常に多いという問題があります。

ただし、一般女性を装うといっても相手の女性は金銭を要求してくるわけですから、援助交際や売春まがいの行為をしようとする女性ということで、男性側が無視をしていれば被害が発生することもないはずです。そしてまた、現在ほど援デリが蔓延する状況には至らなかったはずです。

つまり、援デリの女性が非常に多くなってしまっている現在の事態を招いたのは男性登録者のこれまでの安易な行動や選択にも大きな原因があるというわけです。

しかし、残念ながら援デリの誘いを応じてしまう男性登録者が減る傾向は今のところあまり見受けられません。口コミ情報サイトなどを見ていても、業者と待ち合わせたら別人としか思えない女性が現れたとする書き込みや、ロクなサービスが受けられずにコトが終わったとする口コミが毎日のように多数投稿されています。それだけ欲に負けて安易に誘いに応じてしまう男性が多いということになるわけで、運営者による業者の取り締まり以外にも男性にも意識改革が強く求められているということが言えるのではないでしょうか?

少なくともこのページをご覧の男性は、関係を持つのと引き換えにお金を要求してくる女性とは決して会わないことを徹底するようにしましょう。