出会い系を悪用して男性を騙す援デリ業者やキャッシュバッカーなどの悪質な女性登録者に対する排除の取り組みは十分に行われているとは評価できません。悪質な女性登録者に騙されないためには、プロフィールや掲示板の投稿履歴、返信メールの内容などから見分けることが大切です。

出会い系の悪質な女性利用者の種類

一般の利用者を騙し出会いの実現を妨げる、出会い系の悪質な利用者は、特に女性利用者に多いですが、その排除への取り組みは決して十分と言えるものではありません。

出会い系に登録している悪質な女性利用者には、援デリ業者キャッシュバッカーメールアドレス収集業者があります。

事実上放置されることの多い悪質な利用者

ポイント制の出会える系のサイトには、女性会員に紛れて登録し男性利用者を騙す業者などの悪質な利用者が非常に多いという問題があります。中でも、援デリと言われる売春斡旋目的の違法業者の存在は数の多さやサイトを荒らす行為(男性への営業メールや掲示板への投稿)の頻度などから、男性が一般の女性との出会いを実現する上での大きな障害であるとともに、出会い系の健全性を大きく損ねる存在ともなっています。

しかし、サイトの評判をも落としめかねない悪質な利用者に対する排除への取り組みは十分に行われるとはとても評価できません。むしろ、ほとんどのサイトにおいては事実上放置されているとも受け取れかねない状態に陥っているのが実態です。

排除への取り組み方にはサイトによる違いがある

サイトによっては、たとえばハッピーメールのように頻繁に女性登録者のプロフィールや活動状況をチェックし、一般の女性ではないと判明した段階で速やかにアカウント停止などの措置が講じられるサイトはありますが、ほとんどのサイトにおいては半ば黙認されているかのような状況が見受けられます。サイトを荒らす悪質なユーザーといえども男性が釣られてメールを送ることにより、サイトの収益向上に貢献している可能性が否定できないことからも、半ば黙認されている可能性は決して否定できません。

その点においては、ハッピーメールは比較的良心的なサイト運営が行われていると評価することができますが、それでも男性利用者の立場からは、必ずしも十分と言えるレベルの対応と評価することはできません。それは、対応が後手に回っているためです。悪質なユーザーの排除が行われるのは、あくまでも被害に遭った男性利用者からの通報を受けてのものでしかないケースが多く、悪質な利用者に対してメールを送信することによって消費したポイントの回復が図られるわけでもありません。

加えて、ポイント制サイトのほとんどにおいては、特に大人の出会い目的用のアダルト掲示板などは、書き込みのチェックがきちんと行われているのか疑問を感じるほどに荒らされているシーンが非常に多いです。

これらのことから、悪質なユーザーに対する排除へ向けた取り組みにはサイトによって温度差があるものの、いずれにしても決して十分に対策がなされているとはとても評価することができません。

理想的な環境を保つために求められること

男性利用者にとって理想的かつ健全な利用環境を維持するために求められることは、サイト運営者だけでなく利用者自身にもあります。

  1. サイト運営者に求められる積極的な取り組み
  2. 利用者に求められる適切な見極め

サイト運営者に求められる積極的な取り組み

何よりもまず強く望まれるのは、サイト運営者・管理者による悪質なユーザーの排除へ向けた取り組みの加速です。長期的な視点から検討すれば、現在のように悪質な業者が半ば放置されている状態は、利用者、サイト運営者の双方にとって利益をもたらさないばかりか、評判や評価だけでなく利便性や利用価値が低下することにより、甚大な損害をもたしてしまう可能性が高いです。

現在のように半ば放置されている状況下では、短期的には収益を得られるメリットもあるかもしれませんが、いずれ利用者からの評判が地に落ち、サクラ詐欺サイトが陥った衰退の過程を辿ることにもなりかねません。サイト運営者には、そのデメリットを十分に認識した上で、より積極的に悪質な利用者を排除する取り組みが強く求められます。

また、風俗業者に対して誤ってメールを送信してしまった男性利用者へのポイントの返還など、サポート・サービスの充実も求められます。ポイントの無駄が回復されないという対応では、利用者にとって悪質なユーザーをサイト管理者に通報するメリットがなく、排除の取り組みを推進する上ではマイナス要因となりかねません。

利用者に求められる適切な見極め

被害に遭う側の立場とはいえ、男性利用者に求められることも少なくありません。援デリ業者をはじめとした悪質な業者にあまりにも簡単に釣られてしまう人が多いのは問題です。登録したばかりの人などが、サイトの実情に詳しくない状態で被害に遭うリスクを回避するのが難しいことは事実ですが、それでも深く検討することなく安易にメールを送ることが、悪質なユーザーにとってのサイトの利用価値を高めることにつながっていることは否定できません。

出会い系を悪用する業者は、騙せる人がいなければ利用価値がないと判断しやがてサイトを去っていきます。しかし、簡単に男性利用者が騙せたり、釣れたりする状況はサイトの悪用を加速させるだけで、利用者にとって状況は益々悪化するだけです。

それを防ぐために必要なのは、実態を正確に理解することや、その助けなる正確な情報を利用することです。出会い系を舞台に起きるトラブルや問題の大半は、利用者に責任はほとんどないものの、利用者自身の知識の充実や利用方法の工夫などにより防ぐことができるものばかりです。

健全な利用環境を確保し、望みとする出会いを実現するためにも、利用者だからと無関係を装うことなく、悪質なユーザーの排除へ向けて女性利用者をしっかりと見極めるなど、賢明な判断をし、行動することを心がけましょう。