体験した出会い系に登録した際の手続きの流れや必要事項をサイトごとにまとめています。登録するときに電話番号やメールアドレスが必要な出会い系もあるので、それぞれの出会い系を比較して登録するサイトを選ぶようにしましょう。

前回の「登録する出会い系の比較と選択」でも触れた通り、僕はランキングで比較している複数の出会い系すべてに登録しました。その体験を元に、登録の際に必要だったことや他のサイトとの違いなどを以下の表にまとめてみました。

登録時の必要事項の比較
サイト 携帯番号 携帯アドレス
ハッピーメール 必須 フリメアドレスでも可
ワクワクメール 必須 必須
PCMAX 必須 フリメアドレスでも可
イククル 不要 必須
Jメール 不要 必須
メルパラ 必須(SMSメール送信) 不要
YYC(ワイワイシー) 不要 フリメアドレスのみで可

上の表を見ても分かる通り、この7サイトの中で最も登録要件が厳しく設定されているのがワクワクメールです。携帯番号と携帯メールアドレスの両方が必須です。はじめはこの点に抵抗がありましたが、評判が比較的よかったので思い切って登録してみたというのが正直な感想です。ですが、この点についてはむしろよかったのかもしれないと後々思うに至りました。

というのも、ワクワクメールとは対照的に、フリメアドレスだけで登録できるYYC(ワイワイシー)と比較すると、登録手続きの簡単さはYYC(ワイワイシー)の方が遙かに優れていると評価できますが、その分、援デリ業者などの不正利用者も登録しやすく、サイトが荒れやすい傾向があるためです。対して、ワクワクメールに援デリ業者がいないわけではありませんが、登録の際に携帯情報が必要なことから悪徳業者が入り込む余地が相対的に少なく、出会える女性の探しやすさという面では優れていると評価できるためです。

出会い系への登録に関しては、はじめが不安があるものです。僕自身も電話番号やメールアドレスが外部に流出しないか、懸念がありましたし、また、そもそも番号やアドレスなどの個人情報を、信用できるできないに関わらず出会い系に登録してしまうこと自体への抵抗や不安もありました。この点について、同様に懸念や不安を感じて利用を諦める人は決して少なくないのではないかと思います。

ただ、実際に勇気を出して登録してみると、携帯番号やメールアドレスを登録しても何ら不都合なことは起きていないことからも、不安や懸念は取り越し苦労であり、何も問題はないと言えます。それに、どうしても不安だという人は、YYC(ワイワイシー)のような登録要件の緩いサイトを選択すればいいわけですし、“出会い系への登録”ということに関しては大きな問題はないと思います。