出会い系でメールアドレスやLINEのIDなど連絡先を交換せずに待ち合わせるとキャッシュバッカーに騙される危険性があります。キャッシュバッカーに騙されないためには、会う約束をする前にメールアドレスやLINEのIDを交換するのがおすすめです。

前回「写メを掲載している女性からの返事」を“会える女性からの返信メール”と、すっかり誤解をしてしまった僕は、その後も意気揚々とメールのやり取りを続けていました。

あまりにも早急に会おうと持ちかけてしまうと、女性に嫌われるかもしれないとの思いもあり、まずはじめは当たり障りのない世間話から会話をスタートさせ、徐々に待ち合わせの約束をする方向へと話をもっていこうと考えていましたが、思いの外話の展開が早く、最初に返信メールをもらった日の夕方には会う約束ができていました。思えば、この時点でもおかしいと疑うべきだったのです。あまりにも話ができ過ぎている、と。

しかし、その時の僕は相手の女性のことをまったく疑うことなく待ち合わせの約束ができたことを喜ぶばかりでした。そして、何も知らないまま待ち合わせ場所へと向かったのです。約束の時間が来るまでの間にもメールのやり取りは続いていました。本当にこれから待ち合わせをする人がするような会話をごく自然としていたのです。どんな服装か、そして待ち合わせ場所に期間限定で設置されているブースの話など、会話のどれをとっても本当の女性が待ち合わせ場所に来るとしか思えない内容でした。

ところが、残念ながら、約束の時間を過ぎても、いくら待っても「遅れてる」の一点張りで全然待ち合わせ場所に来ません。まるで、遠巻きに僕のことを見ながらメールを返してきているかのように、近くにはいそうな感じがするものの、一向に来る気配がないといった感じです。そうした状況が30分ほど経過してようやく気づいたのです。騙されたと。

とはいえ、下調べの際にはランキングで比較しているような出会い系にはサクラがいないらしいという情報を得ていました。それにも関わらず、待ち合わせをすっぽかされるとは何事かが把握できなかったのです。待ち合わせをすっぽかされるまでの流れはサクラが騙すやり方として昔から用いてきた手法そのもののようでした。今回僕は、サクラがいないらしいという不確定の情報を元に、完全に油断してしまい、待ち合わせをすっぽかされることなんてないと安心してしまっていました。“騙されるリスクがない、だからメールアドレスを交換しないままに待ち合わせをしても問題ないものだ”、と。

ところが、蓋を開けてみればまんまと騙されてしまったわけです。ですが、この時点ではそれでも“たまたま運が悪かった”ぐらいにしか考えておらず、懲りずに同じように連絡先の交換を断られた女性とその後2回も約束をし、すっぽかされるという憂き目にあってしまったのです。

さすがに、立て続けに騙された体験をして、鈍い僕もようやく気づきました。“サクラかどうかは分からないけれども、男を騙す悪質な女性会員がいるのは間違いない”、と。

それから、再度、前払いポイント制の出会える系サイトについて、そして悪質な女性利用者についての情報を調べました。そうして知ったのが「キャッシュバッカー」だったというわけです。


次回は、情報収集をして知ったキャッシュバッカーのことについてまとめます。