多くの人は出会い系に登録すると利用と一時的な退会、そして利用の再開を繰り返すものです。安全性に大きな問題のない出会える系の出会い系は退会する理由がなく、永続的に利用し続けれられるという特徴があります。

登録してから約2ヶ月ぐらいの間に、複数の女性と出会う体験をした後、特定のパートナーを見つけ一時的に退会状態(利用の中断)となったわけですが、出会い系にログインしなくなって約2ヶ月が過ぎてから、やはり事前に自分で予測した通り、再びサイトにログインするようになっていました。

特定のパートナー、僕の場合だと飲み友といった感じですが、仲良くなってから2ヶ月の間にそれぞれ4・5回ずつぐらいは会っていたと思います。最初の頃は知り合いたてということもあって、お互いのことを何も知らず、それが逆に会話のネタを途切れさせなかったんですが、4・5回も飲みながら話し込んでいると、もうおよそ相手のことが分かってくるものです。次第に話題に事欠くようになってきて、最初の頃ほど盛り上がらなくなってきていました。短い期間の間にしょっちゅう会っていたことも原因のひとつだとは思いますが、そうしたある意味“マンネリ”してきた時期ということも手伝って、自然とまた出会い系の利用へと戻っている自分がいたというわけです。

それに加えて、その時点ではまだ出会えていないサイトもあったという理由もあって、再度出会い系の利用を再開する方向へと気持ちが向いたのでありました。できれば、すべてのサイトで最低1人ずつとは出会ってみたいというのが目標のひとつだったからです。

そのため、出会い系の利用を再開した時に使うことにしたのは、それまでまだ誰とも出会っていないどころかほとんど使っていなかったイククルとYYC(ワイワイシー)、メルパラの3サイトでした。結論から言えば、これらの出会い系でも、多少慣れや習熟した面はあったものの、最初と同じようにキャッシュバッカー援デリにひっかかったりしながら、ようやく出会うという似たような体験を繰り返したのでした。特別、どのサイトがいいとか際立って女性と出会いやすいということもなく、どのサイトでも同じような体験ができたということです。その詳しい内容については、これまでの体験の繰り返しのようなものなので省きますが、出会い系の体験の特徴のひとつとして、まさにどのサイトを使っても、また何度目であろうと、女性の見極めが多少うまくなって騙される回数が減るぐらいで、できる体験の内容には大差ないと感じました。


いかがでしたでしょうか?
全25回に渡ってレポートしてきた「出会い系体験記」も今回で最後になります。

自分の体験したことの中から、出会い系に登録した多くの人が体験・遭遇することになるシーンや状況、女性などを中心にまとめてきましたが、参考になった情報はあったでしょうか?筆者の個人的な体験談が利用者のみなさんの出会い系攻略の参考に少しでもなれば幸いです。

出会い系は、安全・優良とされているサイトでも危険性がないわけではありませんし、出会うのは思うほど簡単ではありません。そんな状況下ですが、少しでも効率よく、そして楽しく出会いを探したいものです。

それでは。