出会い系では業者やキャッシュバッカーを除いて女性から返事がこないことも決して珍しくありません。一般の女性登録者は多数の男性からメールを受信することが多いため、返信メールがもらえない場合があるというわけです。

僕の場合もまさしくそうでした。援デリキャッシュバッカーからはメールを送るとすぐに返信が送られてくるものの、普通の女性っぽい人に限ってメールが返ってこないということばかりでした。返事がもらえないことが続いた時に考えるのは、自分自身に魅力がないということなのかとか、メールの書き方が悪かったのかといったことです。そして、できるだけ返事がもらいやすいようにメールを工夫してみるとかするわけですが、結論から言えば、これらはあまり関係ないというのが出会い系での出逢いのようです。

というのも、結局のところ、出会い系ではメールを送るタイミングやプロフィールやメールの文章から伝わる第一印象によって、会えるか否かが大きく左右される傾向が強いためです。僕自身、自分に魅力がないせいもあるのかもしれませんが、はじめに女性に送信するメールをいくら工夫しても、返事をもらえないときは一切もらえませんでしたし、そうかと思えば、何気ない挨拶程度の言葉しか書いていないにも関わらず、あっさりと返事がもらえる場合もあり、体験を通じて運とタイミング次第ということを強く実感しました。

いずれにせよ、たしかなのは、出会い系では援デリなどの業者や悪質な利用者を除いた普通の女性から返信メールがもらえる可能性はそれほど高くないということです。たとえば、女性のプロフィールを検索する際、「登録順」に条件を設定し検索するとします。そうすると、登録直後の女性ばかりが表示されるわけですが、それらの女性は登録間もない段階であることから、男性からのメールをまだほとんど受信していないと考えることができます。このことから、それらの女性に対していち早くメールを送れば高い確率で返事がもらえるのではないか、と考えることもできますが、実際はそうは思い通りいかないケースの方がはるかに多いです。登録直後の女性であっても返事をもらえない場合が少なくないのです。

※これはもしかすると、女性会員の数を水増しするために一般女性に見せかけたサクラ(男性にメールを送信させるだけで、返事は送らない待機用のサクラ)を仕込んでいる可能性もありmす。そのために、返信メールがより返って来ない状況が多くなる傾向があるとも考えられます。

いずれにせよ、出会い系では登録した時点で抱いていた期待や予想とは裏腹に全然といっていいほど女性からの返事がない、というのが現実です。


次回は、はじめに登録した出会い系以外のサイトへの登録体験についてまとめます。