出会い系に登録していない人でもサクラ詐欺などの被害に遭う危険性はあります。近年では、サクラ詐欺の手口に詳しくない非・出会い系ユーザーを対象とした詐欺行為が横行しており、出会い系に興味や関心のない人でも被害に遭う危険性があります。

登録していなくても出会い系被害に遭う危険性はある

出会い系詐欺被害に遭うのは、出会い系の利用者だけとは限りません。出会い系に登録していない人でもサクラ詐欺などの被害に遭う危険性はあります。悪質な出会い系などによる被害に関して近年大きな問題となっているのが、出会い系の利用者でないインターネットユーザーが、サクラ詐欺被害などに遭うケースが増えていることです。

関連のないサイトからの誘導による被害

出会い系の利用者でないインターネットユーザーが悪質な出会い系によるサクラ詐欺被害に遭うパターンで最も多いのは、出会い系とはまったく関連のないサイトから巧妙な手口によってサクラサイトへと誘導されるケースです。このことについては、以下の記事も参考にしてください。

時には、誘導されたこと自体にも気づかないままに知らぬ間にサクラ被害に遭ってしまうという、俄かには信じられないような事態すらもあります。元々、出会い系を利用する意思を持たない人が、サクラによって外部サイトに誘導されるケースにおいては、誘導された先のサイトが出会い系であると気づかない人も少なくありません。

このような手口で誘導する出会い系のサクラは、異性との出会いではなく、金銭や資産の譲渡などに関する話題を通じて被害者を騙そうとすることが多いので、被害者が出会い系を使っているとは気づきにくいという事情があります。

こうしたパターンによって悪徳出会い系のサクラ詐欺被害に遭う人の数は、出会い系の利用者に比べても決して少なくない規模にまで多くなりつつあります。

悩み相談を装ってサクラ出会い系へと誘導する手口

出会い系と関連のないサイトを利用しているネットユーザーをサクラ出会い系へと誘導する際に用いられることの多い手口のひとつが、悩みごとの相談を装う手法です。占いサイトや副収入情報サイトなどにおいて、情報交換をするユーザーに対して、共通する関心のあるテーマをネタに悩み相談を持ちかけて、言葉巧みに外部サイト(サクラ出会い系)へと誘導する手口です。

ある時は“身寄りのない資産家”という設定で、そしてある時は“簡単に高収入が得られる方法やノウハウに通じている事情通”などの設定で、一般の利用者にアプローチし、ある程度の信用を得た段階でサクラ出会い系へと誘導するというのが常套手段です。

騙される可能性が高い人のタイプ

これらの被害に遭うのは、共通の悩みや目的を持っている他の人を放っておけない親切な人であることが多いです。自分自身の生活や人生の充実はもちろんのこと、同じような境遇にある人に対して仲間意識を抱き、相談されると断れない人などが、ズルズルと詐欺被害に引き込まれることが多いのです。

特に、占いサイトを利用する人や、副収入を得るための情報や方法・ノウハウを求める人などは、ユーザー交流掲示板などを通じてお互いを励まし合いながら目的を実現させようとする意識を有する人も多いです。極端な事例では「話を聞いてくれないと命を絶つ」などと言われることもあることから、なかなか簡単には断ることができないという人も少なくありません

また、占いサイトや副収入情報サイトなどは、現状に不満や悩みを抱えている人が利用することが多いです。サクラ詐欺サイトへと誘導する業者は、その悩みや不満につけ入る形で騙そうとするのが特徴なので旨い話に釣られやすい人他人を信用してしまいやすい人も騙される危険性が高いと言えます。現状に不満や悩みを抱えた心理状態では、手っ取り早く解決できる手段に飛びつきがちなので特に注意が必要です。

元のサイトがサクラ出会い系の業者によって開設されている可能性

このような、非・出会い系利用者がサクラ詐欺に遭うケースにおいては、誘導される前に利用していたサイトが、サクラ出会い系の業者によって開設・運営されている場合が多いです。

出会い系利用者も現在ではサクラ詐欺被害の実態や手口に詳しい人が増えており、簡単に騙される人は少なくなってきました。サクラ詐欺によって騙すためには、事情に詳しくない他の人たちをターゲットにした方が効率がいいという事情があるのです。

しかし、出会い系を使うことに関心を有していない人を、出会い系へ登録させるのは非常に難しいことです。そういった人に出会い系を利用させる手法として編み出されたのが、出会い系とはまったく関連のない内容のサイトを開設し、ユーザーを募り、そしてそこからサクラサイトへと誘導するというスキームなのです。

被害を避けるための対策法は外部のサイトへは決して移動しないこと

こうした巧妙に仕組まれた手口によってサクラ詐欺被害に遭うリスクを避けるためには、どんな事情があるにせよ、利用しているサイトから別のサイトに誘導されたとしても、決して話に乗らない、外部サイトへは移動しないということに尽きます。誘導されるサイトが、例えばサクラ出会い系でなく名の知れたSNSなどであったとしても、マルチ商法まがいの詐欺に騙される危険性もないとは言えません。

また、昨今のサクラ出会い系には、きちんとした登録手続きを踏ませることなく、紹介されたサイトにアクセスした時点で勝手に登録させられるサイトもあります。あるいは、相手に教えたメールアドレスが勝手にサクラサイトにおける登録情報として悪用される危険性もあります。

残念ながら、ネット上には人の弱みにつけ込んで騙そうとする不届き者が少なくありません。そうした被害に遭わないためにも、決して旨い話に乗ったり、見知らぬ人物に対して必要以上に親切心を露わにすることのないように、警戒心をもって利用しなければいけません。