急死したものまねタレントの前田健さんが生前ゲイ専門の出会い系アプリで恋人を探していたというニュースを元に、ゲイ専用の出会い系の安全性や同性愛者の出会い探し事情などについて解説しています。

ニュースのまとめ

  • ものまねタレントの前田健さんは2005年に同性愛者であることを公表
  • 前田健さんは同性愛者であることに付随する深い悩みを抱えていた
  • 前田健さんは生前ゲイ専用の出会い系アプリで恋人を募集していた

出典:前田健さん、出会い系アプリで恋人探していた 繊細な一面に憶測 – ライブドアニュース

同性愛者にとって出会い系は恋人を探すのに便利

ゲイやレズなど同性愛者に対して比較的寛容な欧米諸国とな異なり、日本の社会ではまだまだ、同性愛者が日常生活で堂々と出会いを探すのは難しいです。

同性愛者であることをカミングアウトすること自体もかなりの勇気が必要とされますし、勇気を振り絞ってカミングアウトしたとしても、世間の風当たりや周囲の視線など生活や仕事への影響は想像を超えるものがあります。

現在の日本の社会では、ゲイなどの同性愛者は、新宿2丁目に代表されるような特定の地域を拠り所に、社会から隔たれた独自のコミュニティを築きひっそりと恋愛や生活を営む人が多いです。

そんな同性愛者にとって、周囲に知られずに同性愛者同士で自由に出会いを探せるゲイ専用の出会い系は、堂々と恋人探しができることから重宝される傾向があります。既婚者の女性にとって人知れず浮気相手を探すのに出会い系が重宝されていることと同じ意味合いがあると言えるでしょう。

ゲイ専用の出会い系には悪質な出会い系も多い

出会い系・アプリには、ゲイ専用の出会い系も数多くあります。利用者が自分と同じ同性愛者に限られるという安心感からゲイの人たちにとって、ゲイ専用の出会い系は恋愛・恋人探しの駆け込み寺的な存在になっています。

ところが、ゲイ専用の出会い系には、サクラしかいなくて決して出会えない詐欺アプリ・サイトが非常に多いという問題もあります。

ひっそりと人知れず恋人探しをしたいと考える同性愛者を取り込みやすいゲイ専用の出会い系は、サクラ詐欺によって利用者を騙す悪徳出会い系の運営者にとって格好の詐欺の舞台と化してしまっているのです。

ゲイ専用の出会い系に悪質な詐欺アプリが多い理由としては、被害に遭った利用者が告発などをしづらいためという特有の事情があります。同性愛者の人たちにとっては、同性愛者であることを世間に知られることだけでもリスクがありますが、その上ゲイ専用の出会い系で被害に遭ったことを知られるのは更なるリスクを伴うためです。

サクラ詐欺被害に遭ったとして、同性愛者であることを理由に被害を訴えることができずに泣き寝入りせざる得ない被害者は、異性愛者の出会い系被害者と比較しても決して少なくないものと考えられます。

ゲイ専用の出会い系ではなく出会える系の出会い系を使う方が安全

同性愛者が出会い系を使って安全に恋人を見つけるには、ゲイ専用の出会い系を使うことは被害に遭う危険性を踏まえると決しておすすめできません。同性愛者同士で安心して出会い探しができると考えて、ゲイ専用の出会い系を使うのは、サクラ詐欺・不正課金によって詐欺をはたらく悪徳業者の思うつぼだからです。

同性愛者が出会い系で被害に遭うことなく安全に出会うには、ゲイ専用の出会い系ではなく、ワクワクメールなどの出会える系の優良出会い系を使うのがおすすめです。ワクワクメールなどの本当に出会える出会い系には異性愛者が多いので、ゲイの人たちにとっては登録・利用することに対して強い抵抗を感じるかもしれませんが、同性愛者専用の出会い掲示板を使えば安心して出会い探しをすることができます。

ゲイ専用の出会い系に、悪質なサクラ詐欺の出会い系が多い現状からすると、専用の出会い系をつかうのではなく、ゲイ専用かどうかを問わず安全性に優れた、本当に出会える系の出会い系を利用するのが現時点ではベストな選択だと言えるでしょう。


前田健さんがゲイ専用の出会い系で被害にあっていたか、本当に出会えていたかは不明ですが、ゲイ専用の出会い系の実態からすると、おそらく出会えていなかったのではないかと思います。ゲイなど同性愛者であることは、日本の社会ではある種ハンデと見なされることも多いです。人の弱みに付け込むようなやり方で騙す悪徳業者は出会い系の運営業者にはとても多いので、騙されないよう気をつけましょう。

最後に、あややこと、松浦亜弥さんのモノマネで楽しませてくれた前田健さんのご冥福を心よりお祈りすると共に、より多くの同性愛者の人たちが出会い系で安全に素敵なパートナーと出会えることを願います。