出会い系で女性と出逢う方法として最もよく使われるのがプロフィール検索です。プロフ検索で気になる女性を見つけてメールを送って出逢うというのが一般的です。プロフ検索での女性の見極めは出会えるか否かを左右する大切な攻略ポイントです。

登録、年齢認証が完了して最初に行ったのが女性のプロフィール検索です。出会い系にはどんな女性がいるのか登録前から気になっていたので、早速プロフ検索を実行してみました。すると、予想をはるかに超える女性が続々と見つかったのです。

そして、最も驚いたのが写メを掲載している女性が全体の半数近くいるということ、これはまったく予想していなかったことです。自分に置き換えて考えてみても、男性でも写真を載せるのには抵抗を感じるものですが、出会い系の女性たちは大胆にも写メを投稿している人が多いことに驚かされました。また、プロフィールに掲載されている写メを見てみると、どんな男性も好印象を抱くような女性も多いですし、顔こそ隠しているものの、おそらく美人だろうと推測できる人など、出会い系の女性利用者に対するイメージを覆されるような人がたくさんいたのが印象的でした。

あとは、それらの気になった女性に対してメールを送り、返事を待つというだけです。さすがに気になった人全員にメールを送るわけにもいきませんし、無料ポイントをこの段階で一気に消費してしまうのももったいないので、まずは様子見で写メを載せている女性2人と、コメントが自然な感じだった女性1人にメールを送ってみました。

なお、このプロフィール検索においては、登録前に出会い系に関する情報を収集した際に存在を知った援デリと思われる業者の存在を実際にたくさん目にしました。最初にプロフ検索した際に、女性が非常に多い印象を受けたと先ほど言いましたが、それは援デリ業者の存在によって不必要に嵩増しされているというのが、どうやら実態のようです。しかし、そのことに気づかない、知らない男性はおそらく“出会い系には女性が非常に多い”と誤解してしまうことでしょう。

特に、援デリ業者は過激なコメントを投稿しているので誘惑に騙されてしまう可能性があります。幸い、僕の場合は援デリの存在や手口について下調べしていたので釣られることはありませんでしたが、それでもその存在が邪魔になって、普通っぽい女性利用者を探すのは結構苦労しました。メールを送った3人の女性を見つけた時も、プロフィール検索の結果ページを何回も何回もめくって下の方をくまなく調べて見つけられたぐらいです。普通にプロフ検索するだけでは、上位に表示される女性のほとんどが援デリ業者といってもいいぐらいなので、会える可能性は少ないのではないかと思っています。

プロフ検索で難しいと思ったのは、怪しく感じられるけれども見方によっては普通の女性にも見える、という女性に対してメールを送るか否かの判断です。僕が体験した限りではそういう女性がかなりいるように感じました。メール送信料といってもさほど大きな額ではないので(数十円程度)、そういう人全員にメールを送ってもいいんですが、もしも業者などであった場合のことを考えると、無駄打ちはできれば避けたいところです。かといって、慎重になり過ぎると、出会いのチャンスを逃すことにもなるので、そのあたりの判断は難しいと感じました。ただ、やってみてつくづく思ったのは何かしらアクションを起こさないことには何も始まらないということです。なので、過度に慎重になって出会いの機会がないままでいるぐらいであれば、試しにでも積極的にいろんな女性に対してメールを送ってみるというのはアリだと思います。


次回は、「掲示板への募集書き込みの投稿」について体験をまとめます。