悪質な出会い系のサクラメールや出会える系の出会い系に不正に登録しているサクラ出会い系の業者、援デリのサクラの手口や特徴、騙されないための対策について解説しています。

サクラの問題点

サクラ被害はサクラを擁する出会い系に登録すれば、誰しもが遭う可能性のある詐欺被害です。問題は、サクラが本当にいるかは利用者の立場では検証しようがないという点にあります。たとえ、サイト上でサクラがいないことが謳われていたとしても、それを実証することは難しく、利用者自身の体験や他の体験者によるレビューなどの情報を手掛かりに真相を推察する以外にありません。

このことは裏を返せば、これまで出会い系でサクラが広く使われてきたことを踏まえると、極端な話どの出会い系においても利用者がサクラ被害に遭う危険性はあり得るということです。それを裏付けるように、サクラがいないとされているサイトにおいても、サクラとしか解釈しようがない悪質なユーザーの存在が多数の利用者によって確認されています。

また、こうした基本的な問題以外にも、出会い系を利用していない人や利用する意思がない人でもサクラ被害に遭う可能性があるという点も大きな問題です。この点については、被害発生までの流れで詳しく解説します。

被害発生までの流れ

出会い系のサクラによる詐欺被害が発生するまでの流れには、出会い系を利用して被害に遭うパターンと、出会い系を利用する意思のない人が、知らない内にいつの間にかサクラサイトへと誘導されて被害に遭うパターンの二つがあります。以下はそれぞれのパターンについて、被害が発生するまでの典型的な流れをまとめたものです。

利用者が被害に遭うパターン
  • 未承諾広告メールに釣られてサクラサイトに登録する
  • サクラサイトに登録しメールを送るなど料金が発生する機能を使う
  • 無料サイトに登録し、同時登録されたり、お知らせメールなどによる誘導登録によってサクラサイトを利用する
  • 無料サイトに登録し、サイト内に掲載される外部サイトへのリンクや広告を辿ってサクラサイトを利用する
非・利用者が被害に遭うパターン
  • 副収入についての情報サイトから知らない内に誘導される
  • 無料登録制の占いサイトを利用してサクラ出会い系へと誘導される

いずれにしても共通しているのは、利用者が気づかない内にサクラサイトへと引き込まれることがきっかけとなって、サクラ被害が発生することが多いということです。それに加えて、入手した情報や宣伝文句などの真偽を深く検証することなく、安易に外部サイトにアクセスすることも被害を招く要因となることが分かります。

典型的なサクラの手口

これまでに出会い系のサクラが用いてきた手口にはさまざまなものがありましたが、細かい違いはあれど、集約すると概ね以下の5つにまとめることができます。

  1. 即会いを持ちかける
  2. 性的関係を口実にする
  3. 有名人・芸能人を騙る
  4. 金銭や資産の提供を持ちかける
  5. 一般の利用者に似せた架空会員

即会いを持ちかける

「今からどうですか?」
「これから会いませんか?」

このように、即会いができることをほのめかしてメールを送信させようとするのは、サクラが用いる典型的な手口です。特に、男性利用者を対象にメールを送るサクラに多いです。出会い系に登録している男性の多くが、できればすぐにでも女性と出会いたいと考えていることに目をつけた手口です。

性的関係を口実にする

即会いと同じように、男性利用者の下心に目をつけてメールを送信させようとする手口のひとつが、性的・肉体的な関係を容易に持てることを暗に、明にとほのめかす手口です。男性の目的で多いのは、女性と大人の出会いをすることです。このことを狙って、あたかも簡単に肉体関係が持てるかような過激な内容のメールを送ってくるのが特徴です。多くの場合、即会いの手口と同時に用いられます。

有名人・芸能人を騙る

少し前にニュースにもなった出会い系詐欺事件でも用いられましたが、有名人や芸能人を騙るサクラも出会い系には非常に多くいます。利用者が強い興味を示しそうな人気アイドルやタレント、歌手と自称し関心を惹きつけてメールを送信させるというのが狙いです。メールを受け取った人には、疑いを抱きつつも、もしかしたら本人かもしれないという心理が働きがちなので釣られてメールを送ってしまいやすいという問題があります。

金銭や資産の提供を持ちかける

近年、出会い系のサクラで多くなっているのが、女性利用者をターゲットとした詐欺行為ですが、多くの場合において用いられるのが金銭や資産の提供を持ちかけるという手口・メールです。利用者のみならず、先に挙げた副収入情報サイトや占いサイトなどから誘導されて、知らない内に出会い系に登録させられた人も被害に遭いやすいサクラのタイプです。

時には、数百億円規模の金銭や土地などの資産を譲るという内容のメールが送られてくる場合もあります。伴侶を亡くした高齢者の資産化を装って女性に対してメールを送りつるなどのパターンがあります。金銭や資産を受け取るために事務手数料の入金が必要などという口実で不正に料金を支払わされるケースが多く、サクラとサイト運営者や事務局が連動した巧妙な手口と言えます。

このタイプのサクラは男性に対しても同様のメールを送ることが多く、資産家の未亡人などの設定でメールを送ってきたりします。

一般の利用者に似せた架空会員

これまでに紹介したサクラの手口は、言ってみればどれも明らかに嘘と分かるような口実を使って利用者を騙そうとするのが特徴ですが、それ以外にも、一般利用者と見分けや区別がほとんどつかないサクラもいます。

一般の女性利用者のプロフィールに似せた内容で架空会員を登録しておき、普通の女性が出会い系内で取る行動のように、あまり自分から男性に対してメールを送ることはせず、一般の利用者と勘違いした男性からメールが送られてくるのを待つ、というのが特徴です。

サクラに騙されないための対策

このようなサクラの手口や特徴は、現在でもほとんどのサクラを使っている出会い系において見られるものであり、実際にこの瞬間にも新たな被害を発生させ続けています。出会い系を利用するすべての人が被害に遭う可能性があります。一度被害に遭うと、経済的にも精神的にも大きな負担を強いられることになる可能性が高いので、騙されないためにも対策法を身につけておかなければいけません。

対策法と言うとやや大袈裟に聞こえますが、ほんの少し気をつけるだけで初心者でも簡単に実践することができるものばかりで、難しいことは何一つありません。以下は、サクラに騙されないために知っておくべきこと、実践すべきことをまとめたものです。

  • 高額料金のポイント制サイトやアダルト系のサイトはサクラばかりで利用してはいけない
  • 無料サイトに登録するとほぼ確実に上記のような悪質サイトに誘導、または同時に登録される
  • 利用している占いサイトや情報交換サイトから外部へと誘い出そうとする人物に釣られない
  • 未承諾広告メール(迷惑メール)から誘導されるサイトにはアクセスしない
  • 儲け話やよくできたうまい話、誘いに安易に応じない
  • 簡単に会えるというような表現で情報を配信しているサイトの宣伝文句に釣られない
  • 出会い系を利用する際は、少額料金で使える前払いのポイント制サイトか定額制のサイトから選ぶ
  • 利用しているサイトの安全性が不明な場合は、メールを送信する前に「サイト名 サクラ」などでネット検索をするなどして情報を収集する

いずれもこれからすぐに実践できるものばかりであり、これらのことを知識として吸収し実践すれば、サクラ被害に遭うことはまずありません。

サクラ詐欺に関する問題は、今もなお出会い系に関わる問題の根幹を成す問題であり続けています。被害に遭わないためにも正確な知識を元に、賢明な選択と行動をすることを心掛けましょう。

出会える系のサイトにもサクラ業者がいる

ランキングなどでサクラがいない優良出会い系として評価している出会える系の出会い系にも、外部のサクラ出会い系の業者が女性として不正に登録していることがあります。

一般の女性になりすまして登録しているサクラ出会い系の業者は、男性登録者に対して、LINEのIDやメールアドレスを送って登録会員のアドレスを収集します。アドレス交換ができると思って直メを送ってしまうと、迷惑メールが送信される被害や、サクラ出会い系に不正に登録させられる被害に遭う危険性があります。

他にも、プロフサイトなどの別の出会い系に誘導する手口を使う場合もあります。

援デリ業者のサクラ対策

出会える系の出会い系には、サイトが雇ったサクラ会員はいませんが、援デリ業者が不正に登録しているサクラの女性はとても多いです。

これまでは、出会い系のサクラといえば、サイト運営者が雇ったアルバイトしかいませんでしたが、援デリ業者というサイトとは直接関連のない外部の業者が勝手にサクラを登録するという新たなサクラの形態が生まれています。

援デリ業者が不正に登録しているサクラに騙されないためには、「即会い、即エッチの誘いに乗らないこと」「ホテル代と別に2万円などの条件で会おうと誘う女性と会わないこと」に尽きます。これさえ守れば援デリ業者のサクラに騙されることはありません。