出会い系で出会った女性が「ヤリ逃げ防止のために2万円預けてほしい」と要求してきた場合は、相手は素人ではなく援デリの業者の可能性が高いので、待ち合わせの誘いには応じてはいけません。

質問

いま、PCMAXでメールのやり取りをしてる女性が、

「初対面の時なんですけど、サイトはヤリ逃げとか多いって聞くので防止のためにホテル代と別で2万預けてもらえますか?2回目からはそれをホテル代とか食事代とかに使います。」

って言ってるんですけど、この女性と会っても大丈夫でしょうか?

一回で切られそうな気がするんですが……

回答・解説

「最初だけお願いあり」は援デリの常套文句

このタイプの女性も 援デリ業者 です。

援デリであることを男性に悟られないために、

  • ヤリ逃げ防止のために
  • 2回目からはそれをホテル代とか食事代とかに使います

といった言い訳をして、あたかも素人で2回目以降も関係が持続するかのように思わせることが狙いです。しかし、もちろん2回目はありません。たとえ同じ女性と2回会うことがあったとしても似たような言い訳をされてもう一度お金を要求されるだけです。

ヤリ逃げ防止というのも単なる名目に過ぎません。2回目以降の関係の持続をほのめかしておいて、男性に対して、“最初に支払わせたお金があたかも戻ってくる”かのように錯覚させるための方便に過ぎないです。

男性が「最初に支払うお金を2回目以降のデートの際に有効に使ってくれるのであれば、安心して預けられる」と勘違いして会う約束を取りつけることが業者の狙いです。

援デリの業者は、「預かり金」などの名目でお金を要求してくることもあります。「預かり金」と言われれば2回目以降も会えると思ってしまう男性もいるためです。

出会い系に登録して男性を客としてつかまえようとする援デリの業者は、このように、男性が少しでも違和感や抵抗感なく2万円の支払いに応じられるように巧みな誘い文句を使うのが特徴です。こういった手口で男性にアプローチしてくる援デリ業者はハッピーメールにもとても多いです。

業者が「ヤリ逃げされるのを防ぐため」と言う理由

援デリ業者が、「ヤリ逃げされるのを防ぐため」という言い訳を使う理由は、真剣に付き合うかのように言っておいて会ったらヤリ逃げする男性が出会い系に少なくないためです。

残念ながら、出会い系には、女性と会ってエッチをしたらそれで終わりとばかりに女性をヤリ捨てする男性が多いです。「ヤリ逃げ防止のために2万円預けてほしい」という誘い文句を業者が使うのは、メールのやり取りをしている相手の男性に、“過去に出会い系でヤリ逃げされたことがある素人の女性”と信じ込ませるためです。

出会い系で女性と割り切りの関係で出会う男性は、即エッチの関係で会いたいと考えている人たちばかりなので、このような誘い文句を信用してしまう可能性があるのです。

援デリ業者に釣られないための被害対策

登録したての出会い系初心者の男性の多くが、半信半疑ながらも興味も手伝って、援デリの女性と待ち合わせの約束をして、酷い体験をしてしまうという被害に遭っています。

被害対策として最も重要なことは、お金を要求してくる女性とは会わないことに尽きます。これさえ守れば、出会える系の出会い系で援デリ被害に遭うことはありません。

出会い系で素人の女性と会うのは、援デリと待ち合わせの約束をするのとは違い出会えるまでに時間やポイント代がかかることは否定できませんが、すぐに女性と会いたいからと援デリと会ったところでロクな体験はできないことは明らかなので、その程度の我慢や根気は必要です。

現在の出会い系がこれほどまでに援デリに荒らされてしまったのは、援デリと知りながら出会う男性にも大きな責任があります。男性陣が自ら普通の女性と出会いづらい状況をつくることに加担してしまったという経緯を踏まえて、少しでもサイトが健全化するように援デリ業者は徹底無視する姿勢が強く求められます。