ハッピーメールなどの出会い系で「メールアドレスやLINEのID交換は仲良くなってからしたい」と言う女性は信用できる?ライン交換する前に会う約束をしても大丈夫?出会い系で連絡先の交換を断る女性がサクラやCBか本当に会える女性かを見分ける方法などについて解説しています。

質問

いま、ハッピーメールでメールのやり取りをしている女性がいます。その女性に、LINEのIDを交換して直接やり取りしようと言ったんですが、「連絡先の交換はもう少し仲良くなってからしたい」と言われています。

LINEなんて気に入らなければすぐにブロックできるのに、なんでIDを交換するのに慎重になるのか分かりません。こういう女性は信用できるんですか?業者か何かですか?

回答・解説

連絡先の交換を先延ばしにする女性はキャッシュバッカー

ハッピーメールなど、出会える系の出会い系で、メールアドレスの交換やLINEのID交換を渋って先延ばしにしようとするのは、キャッシュバッカーの女性の可能性が非常に高いです。待ち合わせの約束をする前に連絡先を交換してもらえない女性はCBと見分けて避けた方が安全です。

ハッピーメールで普通に出会える一般の女性の場合は、アドレスやLINE交換はスムーズにできることの方が圧倒的に多いです。まともにメールのやり取りができている一般の女性が、アドレスやLINEの交換を渋ることはほとんどありません。

キャッシュバッカーの女性は、男性とできるだけ長くサイト内メールのやり取りをしてポイントを稼ごうとするので、アドレスやLINEの交換をしようと言っても「会うまでは不安だから」や「信用できる人かを会って確かめてから交換したい」などという言い訳を使ってやんわりと拒否することが多いです。

実際に会う前にメアド・LINEが交換できない女性は避ける

キャッシュバッカーにすっぽかされる被害に遭わないためには、待ち合わせの約束をする前にメアドやLINEの交換に応じてもらえない女性はキャッシュバッカーの可能性が高いと判断して見切りをつける方がいいです。

相手の女性の言い分を信用してずるずるとサイト内メールでやり取りを続けながら待ち合わせをしても、相手の女性がその場に来ることはないので、待ち合わせの約束ができたとしても、その場に出向く前にやり取りを止めて他の女性を探す方がいいです。

最初のメールで直アドやLINEの交換はしない

ただし、相手が普通の女性だとしても、メールアドレスやLINEの交換が最初のメールでできることはほとんどないことも併せて知っておいてください。

反対に、直メのアドレスやLINEのIDを最初のメールで送ってくる女性は、メールアドレス収集業者の可能性が高いので直メやラインを送ってはいけません。

一般の女性の場合、アドレスやLINEの交換を先延ばしすることはほとんどないものの、だからといって最初のメールで交換できるわけではない、ということです。最初のメールで直アドを聞いても無視されることの方がはるかに多いです。

連絡先交換のタイミングとして最も適当なのは、サイト内メールでやり取りし始めてから4・5回程度と考えておくと、キャッシュバッカーやアドレス収集業者に騙される危険性が低くなるとともに、出会える確率が高くなります。


※ただし、キャッシュバッカーが一切登録していないワクワクメールの場合は、連絡先の交換を先延ばしにしようとする女性でも一般の女性の可能性があります。また、ワクワクメールには他の出会い系よりもたくさんの女性が登録しているので、まれにではありますが、最初のメールで直アドやLINEのIDを交換してもらえることもあります。