ワクワクメールなどの出会い系で、生活苦を理由に会うときの条件として2万円を要求してくる女性は援デリ業者の可能性が高いです。業者か素人女性かを問わず、「ホ別2」の条件で会いたがる女性とは一切会わないようにするのが一番の被害対策です。

質問

先日、ワクワクメールに登録して明日女性と会う事になりました。

事故にあって仕事を休んだので、生活が苦しく2万援助してほしいと言われています。

相手の言い分は、優しい彼氏が欲しいから、支払ってくれる人と会って、ご飯を食べて、今後付き合っていくとのこと……。

実際会っても良いものか悩みます。

写真も送ってくれないので、何かの業者かな!?とも思うのですが、どうなんでしょうか?

回答・解説

援デリ業者はさまざまな誘い文句を駆使する

ワクワクメールなどの出会い系には生活苦を理由に、会うときの条件として金銭的な援助をお願いする女性がいますが、その大半は援デリ業者です。援デリは素人女性に思わせるためにもっともらしく聞こえる言い訳を駆使して男性を釣ろうとするので騙されないように注意しましょう。特に、2万円をお願いしてくる女性は、援デリの可能性が非常に高いので会うべきではありません。

変化する援デリ業者の手口

援デリは出会える系の出会い系で急速に勢力を拡大してきました。初期の頃は男性が会おうと誘ったときに2万円を要求してくる女性がいたとしても、それが組織ぐるみの風俗業者であることが気づかれることはまれでした。むしろ、“出会い系には援助交際希望の女性が多く登録している”というイメージや、“主婦の間で出会い系で愛人募集することが流行している”などという噂が広がっていたこともあって、一般の女性と認識する人の方が圧倒的に多いという状況でした。しかし、近年では出会い系の口コミサイトなどで、それらの女性が援デリと呼ばれる業者であることが暴かれ、男性登録者にも広く知られるようになってきています。

釣られる男性が減れば、当然業者は男性を誘い出す手口を変えてくるものです。はじめは、単純に「2万円をお願いします」とお願いするばかりだった手口も、最近では今回の質問にあるような、「事故に遭ったため仕事を休んで生活が苦しい」や、今後末永い付き合いをしたいと思っている」など、業者とは思われないような理由や、同情を誘うような口実で待ち合わせの約束を取りつけようとするなど、手の込んだ誘い文句が使われることが多くなってきています。

「ホ別2」の条件で会いたがる女性とは会わないのが一番の被害対策

出会い系に登録したばかりの男性にとってみれば、援デリ業者に関する知識があったとしても、そのようにもっともらしく思わせようとする女性といざメールをしていると、判断に迷いや狂いが生じる可能性は決して否定できません。ちょうど、この質問者の男性のように、業者であることを疑いながらも素人ではないかという期待を抱いてしまうような状態です。

しかし、それこそが業者の狙いとするところなので、決して釣られてはいけません。相手の言い分を信用して同情して会ってみたりしてしまうと、散々な体験をさせられてしまうことになります。

そういった悲劇を避けるために男性が心がけるべきことは、どんな女性であろうと2万円をお願いする女性とは絶対に会わないことに尽きます。

金銭的な援助をお願いしておきながら、男性が写メを送ってほしいと言っても応じないところなどからしても、言動が自分勝手過ぎますし、どう見ても不自然でしかありません。

何よりもお金と引き換えに誘う女性のお願いをされて心が揺らいでしまうこと自体に問題があります。そういう女性と会って失敗したとしても、相手を責める資格などないと言われても仕方ありません。身から出た錆としか言いようがないことを今一度理解して、こういった悪徳業者に釣られることがないよう気をつけましょう。